2017年のキーワードは「働き方改革」?

今さらながら、本年もよろしくお願いします。先に事務的な連絡を。ええとですね、エントリの通し番号で気がついた方もいるかと思いますが、先月23日の「歴史に沈みかけた者を助く遅すぎた船。」との間に、一つエントリが存在しています。何が隠れているのかというと、再開前のブログをご存じという奇特な方は憶えているかもしれません。以前は、毎年大晦日に、その年に取り上げ損ねたVOCALOID曲の話をしていました。何の供養だ、それ。同時に、「ちょっとだけ隠れてたVOCALOID曲10選」というのも上げていたのですが、2017年はこいつがボトルネックになっています。今の時点でさっぱり絞り切れていないです。とはいえ、ボトルネックは排除しなければなりません(米澤穂信脳)。とりまとめ終わったらお知らせしますね。

これまでだと、「前のエントリを片付けてから次の話を」というのがおいらの定石でしたが、ずるずると更新が先延ばしになるのはよくありません。新しい年の始まりは、やはり新しい気持ちで臨む必要があるのです。それは、いくら年賀はがきの抽籤が終わってしまった時期であっても。というわけで、恒例のアレ、台湾のACGサイト・巴哈姆特から、2017年のアニメ・漫画10大ニュースの話を。おい、内容に新しさが皆無だぞ。

2017年に巴哈姆特で扱われた3,567本のニュースから、選ばれたのは、以下の10本でした。日付と記事の題名は、巴哈姆特の当時の記事の日付と題名とのこと。

第10位:アメリカ版実写映画『Death Note』、ネットフリックスで予告編公開(06/30)
いわゆる「実写化する」ということに焦点は当てず、「さながら黒船のように、ネットフリックスが日本や世界の市場に進出した」という点で巴哈姆特は取り上げていますね。「ネットフリックスによってアニメ界の版図にどのような変化があるのか? 今後も注視し続ける価値がある事象といえよう」。
第9位:『けものフレンズ』、新作は制作陣を一新 公式サイトで公表(09/27)
2017年のアニメ界最大の大番狂わせ作品、巴哈姆特も「ダークホース」と表現して、予想外の好成績を称えています。そして秋には一転してこの騒動、さて二期はいったいどうなることやら。
第8位:ソニーピクチャーズ、『スパイダーマン』の悪役である「ヴェノム」のスピンオフ作品を来年秋に公開と発表(03/17)
2017年のアメコミ枠のニュースはこれ。アメコミが原作の作品でした。これについては後述で。
第7位:台湾史上最大のガンダム展、双十節の連休に登場 6mの巨大なガンダムとザクが台北の統一百貨店に(10/09)
2017年も数多くの実物展示企画が台湾に上陸しました。2月には台北花博公園の流行館で『ソードアート・オンライン』展が、9月には台北の靠邊走藝術空間(Wrong Gallery Taipei)で士郎正宗展が開かれました。おいらが最も驚いたのは、3月から台北の国立台湾科学教育館で開かれた『君の名は。』展ですね。
第6位:ディズニー、524億ドルで21世紀フォックスを買収 『X-MEN』『デッドプール』『ファンタスティック・フォー』はマーベルに復帰(12/15)
あれれ。もともとマーベルってディズニー傘下になっていなかったっけ、と思ったら、20世紀フォックスにライセンスがあったのね。
第5位:『マジンガーZ』の新作映画が正式発表 40年ぶりにスクリーンに再登場(01/26)
もとより、日本のACGの話題であっても巴哈姆特で知る、という事例はたくさんあったのですが、『いちご100%』の続編はこの記事の関連ニュースで初めて知りました。
第4位:ディズニー、『ムーラン』の実写版映画で劉亦菲を主演に 公開は2019年予定(11/30)
本文では「2017年は日本の有名漫画『鋼の錬金術師』も実写映画化、世界190か国で上映予定で、台湾にもまもなくやってくる」と煽っており、なんというかこう、ごめんなさい。なお、ネットでは事前に「胡婷婷が主役では」といううわさがあったので、記事の中でも触れられてます。
第3位:『ドラゴンボール』のブルマ、『きまぐれオレンジ☆ロード』鮎川まどかなどを演じた鶴ひろみ、高速道路上で亡くなる(11/17)
訃報が3位に。2月に世を去った『孤独のグルメ』の作画を務めた谷口ジローや、93歳の大往生だった『老夫子』の作者、老夫子の名前も挙がっています。「人の命が、このように無情であるがゆえに、自分自身が作り出す自らの輝かしい日々を、その時々に大事しなければならない」というのはまさにその通り。
第2位:『るろうに剣心』の作者、和月伸宏が児童ポルノDVD所持の疑いで書類送検(11/21)
「彼の作品にロリっ子は少ないが、児童ポルノDVD所持で逮捕されたのは事実」とか「単純所持の罰金は最高で100万円なので、彼にとっては微々たる金額にすぎないが、世論の圧力と作者のイメージはそう緩いものではない」とか、巴哈姆特もけっこう厳しめ。
第1位:宮崎駿が正式にカムバック! ジブリ公式サイトが「宮崎駿最後の長編作品」制作と発表(05/19)
関連ニュースには、冨樫義博の『HUNTER×HUNTER』34巻発売の記事が。どういうことかと思ったら、「『引退したいと思っていたけど、またやりたくなった!』『最近ようやく再開したけど、また休みたくなった!』 業界で最も信用できない2人と言われている、アニメの大家宮崎駿と漫画家の冨樫義博が2017年のニュースの1位に輝いた」っておい。高齢者の労働期間延長と、若者(か?)の労働時間削減、うんうん、どちらも昨今の社会情勢そのままですね。(ぼう

記事ではさらに、十大ニュースのほかに「国産」という項目を設けて、2017年に新たな一歩を踏み出した台湾国産アニメを取り上げています。記事にもあるように、過去に個人で制作されたショートフィルムが長編アニメとなった『幸福路上』、単発TVアニメから映画化され金馬奨では優秀長編アニメ部門にノミネートされた『小猫巴克里』など、2017年暮れから2018年頭にかけて劇場公開される作品ばかりなので、幸先いいスタートを切ってくれるといいですね。

中国ではACG分野での日本離れも加速しつつある昨今ですが、ご覧のランキングのとおり、巴哈姆特ではまだまだ日本びいきが続きそうな予感。とはいえおいらの予想はたいてい外れるのです。さて、2018年の十大ニュースはどんな顔ぶれになるんでしょうか。

歴史に沈みかけた者を助く遅すぎた船。

前回の「『ムダヅモ無き改革』に登場した蔡英文らしき何か。」に対し、「そうじゃないだろ」的な電波を受信しました。内容が迷走するブログで申し訳ありません。っていうか、以前から全く統一できていなかったような。

そういうわけなので、リアルの方の蔡英文の話でも。労働基本法改正の件も考えたのですが、別の話題にしましょう。どちらにしても日本ではあまり報じられていないので、おいらの備忘も兼ねたエントリです。

今月5日、台湾の立法院で、「促進轉型正義條例」が可決成立しました。新字体で書くと「促進転型正義条例」、「条例」とありますが、日本の地方自治体が定める条例と違い、台湾の条例は特別法という意味を持ちます。そして「転型正義」ですが、「移行期正義」という日本語がもっぱらあてられています。その先はぐぐれ。では、ここで言う「移行期正義」の対象は誰か。東アジアでこういう話題が出るとちょっと身構えてしまうのが東亜+の悪い癖ですが、日本が台湾を占領していた時期ではありません。条例案が三読を通過した5日の聯合報に全文が出ていますので、まずはここで目的や定義を確認しましょう。

条例の目的は第1条の前段に、「移行期正義を促進し、自由で民主的な立憲主義の秩序を実現するため、この条例を特別に定める」とあります。また、「権力と威力で統治された時代に、こうした秩序に反した違法行為とその結果」が対象であるとされていますが、この「権威で統治された時代」は、第3条で1945年8月15日から1992年11月6日を指すと定義されています。始期は日本人ならおなじみの日ですね。陳儀らが台湾に上陸した日でもなければ、光復の日でもないし、後述と対になる戒厳の発令日でもないというのは不思議な感じがします。そして終期ですが、条例草案の段階では1991年4月30日、中華民国憲法を臨時的に上書きしていた動員戡乱時期臨時条款が効力を持っていた最後の日でした。台湾省に対する戒厳令は1987年7月に解除されていたので、それよりも後に残っていたこの日付にしようとしたのはいいのですが、実は台湾省以外の金門馬祖や南沙東沙は(発令時は海南特別行政区だったので)その時点でなお戒厳のさなかでした。これらの島々で戒厳が解除されたのが、1992年11月6日というわけ。この点、過去の権利回復条例や補償条例とも一致させるという意味もあるのでしょう。

具体的な動きとして、行政院に「促進転型正義委員会(促転会)」を設置し、「過去の政治的資料の公開」「過去の権威主義の象徴の排除と負の遺産の保存」「過去の司法的判断の是正と歴史の真相究明による社会的和解の促進」「不当な党財産の処理」を行うことが第2条で定められています。ここで言う政治的資料には政府だけではなく政党やその付属組織(実質的に政党の支配下にある組織を含む)が含まれ、さらに既に無い組織も対象となります。

どう見ても中国国民党政権の施政と党財産を狙い撃ちした法律ですが、いちおう促転会の委員には「同じ政党の者が3人を超えてはならない(つまり民進党にしろ国民党にしろ単独では3分の1まで)」「片方の性別が3人より少なくなってはならない」という配慮がなされています。その他細かい制度は先ほどの聯合報の条文を読むか、5日の中央通訊社の記事あたりがよくまとまっているんじゃないかしらん。

とはいえ、やはり国民党も面白くありません。6日の東森の記事には国民党からの反対声明を紹介しています。まあ「自分たちで正義を定義するとは何事か。数の暴力で押し通すな」は、「お前が言うな」感があるので置いておくとして、「行政機関が司法権を持つような制度は五権分立に反する」「日本統治時代に受けた不正義には手をさしのべないのか」あたりはふむふむ。

6日から7日にかけての自由時報のこれとかこれとかこれを見ると、「中山」や「中正」と名のついた通りや学校名などを改称するのかどうか、という議論が目立っていますが、興味深いのは陳水扁の子である陳致中が6日に更新したFacebookの内容。7日の自由時報の記事によれば、「名前を変えたり銅像を撤去することが重要ではない。肝心なことは、心の中に棲む権威独裁の魔物を取り除くことによって、歴史の真相を明らかにすることだ」とのこと。そらそうね。元総統の親族といえば、蒋介石のひ孫にあたる蒋萬安の投票行動も6日の自由時報にあって、こっちはこっちで興味深いでっす。もっとも、彼からすると、祖先がどうこうというより党としてどうこうっていう方が強いような、でも台湾だとそうもいかないのかなとか思ったり。

陳水扁の名前が出たので歴史をちょっと遡ると、移行期正義に関する法の制定は陳水扁政権下の2003年以来の民進党の悲願でもありました。当時の民進党は立法院で少数与党。2016年の選挙でようやく現体制になってから満を持しての成立です。このへんは5日の中央通訊社の記事に年表があるので、そっちを参照のこと。ようやく漕ぎ出せた歴史的な一歩は、単に党の面目や政権の支持率浮揚だけで終わるのではなく(それすら果たせるのかどうかもわからないけれど)、人々の過去を掬い、また救うことができるところまでたどり着けるのかしらん。

『ムダヅモ無き改革』に登場した蔡英文らしき何か。

竹書房の『近代麻雀』で連載されている『ムダヅモ無き改革 プリンセス オブ ジパング』に蔡英文が登場したと聞いて、怯えながらも1月1日号を買いました。いくら漫画とはいえ、麻雀の雑誌を買うというのは度胸がいるのです。で、蔡英文の描かれ方がヤバいというは聞いていたのですが、そもそも『ムダヅモ無き改革』の頃から実在の政治家が登場し、 ハイレベルな麻雀 途方もないバトルをしてきていたので、今さら卓上で国共内戦が始まろうがそんなに驚くつもりもありません。何より今年から始まった新章『プリンセス オブ ジパング』は、


と、プロローグからアクセル踏みまくりなので、今さら蔡英文がどんな麻雀をしても、「まずいですよ」とはならないんじゃないかしらん。

ということで、多少侮りながら読み始めると、話の後半でようやく 蔡英文が登場します。



まずいですよ!!

「第14代台湾総統 蔡英文」と、正式な国名であるところ「中華民国」総統ではなく「台湾」総統としているのは、比較的ご愛嬌の世界。むしろ、胸に右から「中山女高」と書かれているとおり、この作品の世界では、蔡英文が台北市立中山女子高級中学の女子高生として存在していることにびっくりでっす。実際に蔡英文が卒業した高校ですね。女子高生が総統を務めていたとしても「そんなオカルト(略)」と驚きもしないのは、この作品の積み上げてきた歴史がなせるある種の麻酔でしょう。むしろ、ニュースや教科書で見たことのある人たちに限りなく近い何かがお話を進めてきた作品で、よりによって突っ込んできた改変要素というのが、「女子高生を総統にしてしまうフィクション」ではなく、「総統を女子高生にしてしまうフィクション」というのは、攻め方として確かにヤバい。

蔡英文が登場するパロディ作品と言えば、韋宗成を、特に昨年発表した『霸海皇英』を避けて通れません。そもそも中華圏の政治パロ漫画は韋宗成のホームグラウンドですし、しかも『ムダヅモ無き改革』と路線が近いため、あえて外してきたのかなという感じもします。『霸海皇英』ではかなり大人な描写が多いので、年齢設定を変えることで、ネタの重複や妙な比較を避けたのかなあ、と。いや、もちろん『プリンセス オブ ジパング』は女子高生が主人公なので、ここに合わせたっていうのが実際でしょうけれど。そういう意味では、哈亞西の『台大裸体芸術社』の方が近いかもしれません。

それと、これは大和田秀樹がわざとそうしたのかどうか分かりませんが、「中山女高」の文字の刺繍は、実際には右からではなく左から書かれています。もしかすると、蔡英文が在籍していた頃は右からだったのかな。なお、「中山女高」の横に横線が三本あるので三年生ということが分かります。年級槓ってやつですね。その下にある文字と数字がクラスと学籍番号のはずなのですが、これも現在の制服を見ると左から「クラス(漢字)+学籍番号」なのですが、作品の中では右から書かれているうえに数字の桁数がかなり少なめ(クラスは実在)。実際の中山女中にいる生徒と同じになってしまうのを避けたのかもしれませんね。

そして、作品中の蔡英文ですが、やっぱりというかなんというか、勝打を放ってきます。黒のプリーツスカートというのも中山女中の制服そのまま。そして、何だかニチアサの魔法少女モノみたいなアイテムを掲げていますが、高校生でそれはどうなんだ。



この左側で「ぐァァ!!」と叫んでいるのは、台南市長の頼清徳。こちらも現実の頼清徳によく似た何かになっています。っていうか、蔡英文は若返らせたのに、頼清徳はそのままなのかよ。



なんと、「蔡英文総統の支持率がイマイチなので、てこ入れのために頼清徳に行政院長を要請し、麻雀勝負に敗れたためこれを引き受ける」という、「麻雀勝負に敗れたため」以外はどこかで見たような話を無駄になぞっています。この政治ネタを披露するためだけに、やられ役として頼清徳が登場したことは容易に想像がつきますし、このネタって日本の読者の何パーセントが分かるんだよっていう心配すら覚えます。大丈夫大丈夫、これって麻雀漫画だしさ。

もともと『ムダヅモ無き改革』は、台湾でも『小泉麻將傳說』というタイトルで台湾角川から出版されており、まったく知られていないわけではありません。台湾の麻雀って日本と全く違うのにね。案の定、12月4日にはACGポータルサイトの巴哈姆特の掲示板で話題になります。そしてこれを引く形で5日以降、自由時報中国時報、そして東森などで取り上げられています。特に東森は、「これが初めてではない」として、『霸海皇英』のほか『総統級猫奴』も紹介しています。

各記事にもあるとおり、ネットの反応は「美化しすぎだろwww」みたいなのが多く、今のところ許容されているような感じですかね。これで台湾と縁ができましたので、やがては、はいてない方の麻雀漫画にも北一女みたいな学校が登場したりして。