ある女性作家の死まで。

かつて、大正昭和の文豪は「幸福はいちどに寄せてくるらしいね。苦しいときは何も彼も苦しいように、よくなるときは一度によくなれるね」と書いていましたが、さて実際のところはどうなんでしょ。

4月27日、台湾である女性作家が、台北市内の自宅で自殺しました。28日の聯合報をはじめ、一部の記事では本人の名前が書いてありますが、後述のとおり後から名前を伏せて報じられている記事もあるので、基本的には以下、名前を書かずに進めます。

この聯合報の記事によれば、現場で手書きの遺書は見つかったものの、家族や友人に謝罪するような内容で、家族も「最近気分が落ち込んでいたようだが、どうして早まってしまったのかわからない」と書いています。また、27日の中央通訊社によれば、高校生の頃からうつ病となり、16歳から精神科で診療を受けていたが、医者は明確な病名を告げていなかったとのこと。それにしても、様々な媒体の電子版で報じられているのですが、軒並み、記事の末尾に「いのちの電話」のようなところの電話番号が書かれているのが、すごいなあと思いました。ほかにも、29日の中央通訊社では、精神科医で作家の陳豊偉のFacebookを引く形で、「似たような経験を持つ人を再び傷つける」と、報道の抑制についても書いています。確かに台湾ってそういう事件が多かったイメージありますね。

状況が大きく変わるのは、28日に女性の両親が出版社を通じて声明を出してから。29日の蘋果日報をはじめ、各報道機関がこれを一気に報じました。というのも、のっけから「彼女を苦しめ続け、それが完治しない原因は、うつ病ではない。(その原因となった)8~9年前に起きた誘惑行為だ」と公表し、今年2月に出版された唯一の作品についても「若いころに、塾の先生に誘惑され、それによる苦痛の事実を記録し、心境を描写したもの」、「本を書いた目的は、本の主人公のような女性が二度と表れないような社会を望んだため」と述べ、最後に「もし彼女を見捨てないでくださるのなら、この声明を拡散してほしい」と呼びかけています。

ごめんなさい。おいら、これにはドン引きです。

この蘋果日報によれば、「目下、この小説はよく売れている」そうですが、いや、そういう販促が反則と言いたいのではなくて、身内であってもこういうのを死後露にするのは無しでしょう、と思ってしまうのです。

もちろん、性犯罪は唾棄すべきものだと思いますし、誰にも言えないまま抱え込んでしまう性質の犯罪であることも重々承知しています。また、「なぜ娘は自ら命を絶たねばならなかったのか」と思う両親の気持ちも分からないではないのです。もっとも、いくら厚顔無恥なおいらでも、娘を持ったことも娘を亡くしたこともないので、「分かるのです」とまでは流石に言えませんが。

それにしたって、こうも断定的に、遺書で述べられているでもない「自殺の理由」を連ねるというのは、どうにも違和感をぬぐえません。それって、はたして故人が望んでいることなのかなあ。「自殺の理由」って明確にしないといけないことなのかなあ。別に、作家は遺書なしに自殺すべしだとか、「ぼんやりとした不安」を理由にすべしだとかそういうことではなくて。遺された人が悩んだところでそれこそ「死人に口なし」だし、仮に誰が納得したり満足したりするのかって言ったら、故人じゃなくて周りの人じゃないかな。オーストラリアの映画で『明日、君がいない』という作品があります。調べたら、おいらが東京の映画館で観たのももう10年くらい前のことなんですね(白目)。学校のトイレで誰かが自殺する場面から始まるこの映画、時計の針を巻き戻して、様々な登場人物の状況や葛藤が描かれます。それぞれの悩みや境遇が実にハードなのですが、やがて冒頭の時間が訪れた時の結末も衝撃的な作品です。なるほど、自殺する人間の想いというものは、周囲にはこんな程度しか伝わっていないのかもなあ、というのを無理矢理知らされた感じですね。この作品を観て以来、「真実を求める遺族」にどうしても懐疑的になってしまうのでした。「遺族が納得したいための真実」とやらがあるかもしれない一方、「遺族には絶対に伝わらないという事実」があるんだろうなあ、という。

さて、話を女性作家の方に戻しましょう。両親の公表以降、案の定、世は「8~9年前」の事象に目が行きます。例えば28日の自由時報は、当時16歳を超えていたかどうかが問題だ、だとか、立証するためには何が壁かだとかを丁寧に論じ、ネット上では件の人物の人肉検索が始まります。問題の人物はあっさり見つかり、30日の蘋果日報によれば中国で長期の学術研究中とのこと。ついに両岸を跨いだ騒動に発展します。

さらに5月2日には、民進党籍の高雄市議会議員、蕭永達がこの人物の名前を公表します。2日の聯合報によれば、この人物に社会的な責任を取ることを求め、「この告発が正しければ、塾業界から退いてほしい。逆に告発が誤っていたのであれば、民事刑事の責任を負うとともに政界から引退する」と述べています。ごめん、何そのよくわからないバーターは。

また同じ2日の聯合報によれば、衛生福利部が「両親の出した声明には被害者の名前が載っており、性犯罪防止法に抵触する」と指摘し、台南市社会局は出版社に声明の取り下げを求めるとともに、各報道機関に対して仮名での報道を求めています。もちろん、遺族が公表した本件に適用するのはおかしいのではないか、というような意見も3日の自由時報などで取り上げられており、4日の蘋果日報によれば、これに押される形で台南市社会局も公表を罰しない方針に転換しています。

さらに、初七日にあたる3日には両親が4点の声明を追加で発表しました。3日の聯合報によれば、その4点目で「彼女の遺志を忘れないでほしい。それはこういった事件を防ぎ、第二の彼女を出さないことであり、誰かの責任を追及することではない」といった内容とのこと。

こと「彼女の遺志」については訝ってしまうし、ここまで来て「誰かの責任を追及することではない」と言ったところで、今の流れを止められるかも怪しいと思っているおいらです。「弱いものさえ見ればいじめたがる奴があるものさ」とはよく言ったものです。そんなおいらですが、その前段で言われているとおり、彼女のような境遇の者が二度と出ないように、また境遇と結びつくかはさておき彼女のように自ら命を絶つような者が出ないように、何よりここまで大きな話になってしまった彼女自身に平穏が訪れるように、そう願わずにはいられません。

市長よ、お前の命のために走れ。

前回の更新から、気がつけば1ヶ月以上たっています。うぅん。2月は3回も更新できたので、個人的には出だしは上々って感じだったのですが、急ブレーキ。本当は、二二八事件70周年に関するニュースや前瞻基礎建設計画‎など、書こうとしていた話題はいくつかあったんです。ただ、モタモタしているうちにどれも旬を過ぎてしまい、ご覧の有様。うん、前と全く変わっていないね。

今年8月、台北ではユニバーシアードが開催されます。台湾だと「世大運」と略されることが多いみたい。その世大運のメイン会場となるのが、台北田径場、日本語に直すと台北陸上競技場です。今回、開催に向けて昨年9月から進められてきた改修工事が、先月29日に終わりました。柯Pこと柯文哲・台北市長が出来映えを視察し、ユニバーシアード出場選手や同大会のマスコットキャラクタ「熊讃」らとともに、新しくなったトラックの試走を行うことに。

まあ、ここまではよくある「大会PR」なのですが、大切なお披露目にも関わらず、走り出した柯Pは数歩進んでから泳ぐように急ブレーキし、前のめりにダイブ。また、おいらのはてブの「柯P何やってんすかシリーズ」タグが増えるじゃないすか。これはこれでケチがつくんじゃないかと思いきや、7日の自由時報によれば、しばらく走っていなかったのと準備運動が不充分だったため、身体の動きがチグハグになってしまったことが転倒の原因だし、怪我をしなかったことは、かえってトラックの弾力性が充分な品質を備えている証左だとコメントしたとか。確かに、初っぱなから怪我されたんじゃ縁起が悪いというのは各国共通なのかも。この転倒、自由時報がYouTubeに動画もあげているので観てみましょう。うん、いいコケっぷりですね。ちなみに、8日の中央通訊社によれば、山ほどサロンパスを貼って凌いだとか。

また、柯Pは7日にFacebookで走り直した後のゴールの時の写真を載せています。その写真に付けたコメント「転んでしまっても、また起き上がればよい。立ち上がったら、もう一度勇敢にゴールを目指すのだ」や、微妙にネタに走っているハッシュタグなどが、ネット上でも話題になっていると、7日の聯合報が伝えています。

ここまでであれば、若干「いいはなし」で終わるのですが、柯Pが走り出してから転ぶまでの数秒間の素材を駆使して、PTTではクソコラグランプリ状態に発展しました。またか。またお前らか。以下、各紙(中央通訊社自由時報中国時報TVBS)が、「まとめサイト」化して集めてくれたPTTの画像を。うぅん、ハードル競走のやつは違和感なさすぎて怖い。

クジャクヤママユより佐久間まゆ。

このところの『けものフレンズ』の爆発力に乗じて何か書こうかと思ったのですが、前にもTwitterで触れたとおり、文字にしてしまうと一気にトラウマ案件になってしまうので、やっぱ無しで。


それにしてもこの作品、爆発力もさることながら、時限爆弾のような一拍置いた盛り上がりにしても、その後の持続力にしても、昨今例を見ない不思議な反応を展開しています。

初回はそこそこ期待値高かったけど、ちょっとすると人気が下がって落ち着くところで水平飛行、というのは何もおまいらの大好きな作品に限りません。いつもと同じ強引な前フリですが、16日にTVBSが報じた台湾の政治家の声望調査(人気度調査と思ってそんなに外れなさそうです)の結果によれば、総統選挙から1年あまりを迎えた蔡英文・総統ら台湾の政治家・元政治家15人で、明暗が分かれています。以下、「満足」/「不満足」/「満足-不満足」について、「満足」の高い方から順番に、ドン。なお、データ元はTVBS民意調査センターの結果(pdf)でっす。

  • 第1位:陳菊(高雄市長)… 62 / 17 / +45
  • 第2位:頼清徳(台南市長)… 58 / 17 / +41
  • 第3位:柯文哲(台北市長)… 50 / 13 /+37
  • 第4位:鄭文燦(桃園市長)… 50 / 28 / +22
  • 第5位:林佳龍(台中市長)… 46 / 20 / +26
  • 第6位:宋楚瑜(親民党主席)… 42 / 26 / +16
  • 第7位:朱立倫(新北市長)… 38 / 27 / +11
  • 第8位:陳建仁(副総統)… 36 / 26 / +10
  • 第9位:蘇嘉全(立法院長)… 35 / 31 / +4
  • 第10位:馬英九(前総統)… 33 / 36 / -3
  • 第11位:蔡英文(総統・民進党主席)… 29 / 47 / -18
  • 第12位:林全(行政院長)… 27 / 45 / -18
  • 第13位:洪秀柱(国民党主席)… 27 / 45 / -18
  • 第14位:黄国昌(時代力量主席)… 24 / 48 / -24
  • 第15位:李登輝(元総統)… 23 / 38 / -15

もともとこういうのって、地方の首長の方が優位になっちゃうんだけど、上位2人が思っていた以上に強い。災害対応で数字がピョンと上がっていた頃に比べれば減っているものの、それでも6割前後キープ。そして柯Pが善戦している一方で、朱立倫が伸び悩んでいる感じ。先ほどのTVBSの記事によれば、それでも去年の選挙後の数字(満足が31%)よりは伸びているみたい。

下の方に目を移すと、10位になぜか出てくる馬英九。TVBSは解説の中で、去年は満足が24%だったので9pt回復しているが、それでも不満足が36%、と。もう許してやれよ。そしてここから下が「満足の割合<不満足の割合」という方々です。ということは、「満足している人の方が多いかどうか」=「馬英九より上か下か」ということなるため、図らずもネトウヨの皆さんにもたいへん伝わりやすくなりました。

続いてみていくと、11位に蔡英文、12位には林全が、そして13位洪秀柱まで、それぞれ差し引き-18ptという結果で並んでいます。蔡英文は、当選した直後(2016年3月)の満足度63%から比べると、-34ptという大きな落ち込みです。TVBSの記事の解説にもあるとおり、支持政党別のクロス分析を見ても、民進党支持層(87%→55%)、国民党支持層(40%→8%)とも32ptの大幅なダウン。というか、両方とも去年の数字が高すぎという感じがします。就任1年後の総統の満足度が30%って大丈夫なのか、という話もありますが、馬英九も2期目の開始約1年後(2013年4月)に行われたTVBSの調査(pdf)では、満足度で16%、不満足を引くと-48ptという結果だったので、うんまあ、なんとかなるんじゃないかな。

上でクロス集計の話が出たけれど、民進党、国民党、そして時代力量の各党主席の満足度について、支持政党別の集計をかけているのが興味深いですね。まず、今回の政党別支持率を見ると、1年前(2016年3月)と比べて民進党(25%→24%)や国民党(20%→21%)がほぼ横ばいに対し、時代力量が大きく減らし(15%→8%)ている点で、なんというか時代力量の力量が問わr(自粛

また、前回・今回の2回×党主席3人(ただし、前回の調査時点では黄国昌の満足度が調査対象になっていないので)の計5パターンについて、「満足」でも「不満足」でもない「意見なし」な人たちが最も少ないのが、すべて時代力量の支持層。言ってみれば、好みがはっきりしているわけで、こういう人たちをつなぎ止めておくのは大変だろうし、逆に増やしていければ大きな力になりそうです。確かに、今回の満足度調査で、民進党支持層の蔡英文「満足」の割合(55%)や国民党支持層の洪秀柱「満足」の割合(46%)よりも、時代力量支持層の黄国昌「満足」の割合(75%)が圧倒的に光ります。さて、コアな層の路線で行くか、もっと裾野を広げていけるか。ただ、時代力量支持層の蔡英文「満足」が今回56%(不満足を引いても+22pt)に対し、民進党支持層の黄国昌「満足」が36%(不満足を引くと-10pt)というのを見ると、流れていってしまいそうな予感が見え隠れしていたり。

さて、結果に対する反応でも。まずは緑系からいくと、16日の自由時報は記事題で「上位2人は順当だが3位が驚きの結果」としているほか、蔡英文が馬英九よりも下だということも書いています。やっぱり比較対象はそこなのかな。

政治家の捉え方も見てみましょう。まずは1位に輝いた陳菊おばさんから。17日の聯合報によれば、世論調査は参考にすぎないとしつつも感謝を述べたうえで、11位だった蔡英文とは役割が違いすぎるのだから、このような比較は好ましくないとバッサリ。同じ17日の聯合報(一次ソースは中央通訊社)には3位に入った柯文哲・台北市長のコメントを紹介されていますが、世論調査は株と一緒でたまに見るのがいいのであって、毎日気にしていたらやっていられない、というなんとも柯Pらしい感じ。

一方、国民党側はというと、元総統府秘書長の羅智強が17日の聯合報で吠えています。いわく、両岸政策が悪くなれば経済が悪化するし、経済が悪化すれば内政に影響が出るし、内政に影響が出れば政権が崩壊する、と。なので、蔡英文がうまく政権運営をしたければ両岸の安定は不可避であり、それは馬英九路線の継承を意味する、と。おう。

また、折しも国民党は過去最大の乱戦となっている党主席選挙の真っ最中。蔡英文の満足度が大きく減ったにも関わらず、洪秀柱がさらにその下を行ってしまったので、他陣営はここぞとばかりに乗っかります。これも17日の聯合報からですが、有力候補の一人、郝龍斌・副主席は、党の顔である主席がこの体たらくでは、今後の党のイメージに影響が大きいと憂慮しており、遠回しに「やっぱ俺じゃないと」と言っているような言っていないような。

確かに政治家にとってイメージは重要だし、政治家のイメージが党のイメージに直結するというのもわかるんだけど、15人を並べて「YesかNoか」と問われた調査で、「あんまり人気がないんだ」「ダメじゃん」とか「なんか好かれてるみたい」「やってくれそうな予感」みたいなのもなんだかなと思うのです。でもまあ、こういう一時の評判をもって判断する危うさは、別に台湾に限った話じゃないし、政治家に限った話でもないよね。「馬英九より上か下か」みたいな安直な評価を提案してしまったおいら自身を含め、巡り巡って自分に返ってくることに気を付けたいものです。


びえええ。