水平線トワイライト。

このブログでは基本的にオフラインでの話はしないことにしていますが、今回のお話はモバマスデレステ)の中のお話でもありながら、現実世界でのお話でもあるのです。と書くと、「ああ、やきうのお姉ちゃんの話か。PaP乙」みたいに勘違いされそうですが、違うっての。おいらはCoPだっての。いやいや、そうじゃなくて。今回は、Cuの子にスポットライトを当てたいと思います。

おいらが好きなCuの子を一人挙げるとすれば、乙倉ちゃん今井ちゃん、そして今回の工藤ちゃんでしょうか。っていうか、一人じゃないのかよ。節操ないうえに自分でも共通項がよくわかりません。さりげなく上でリンクしていますが、「しのぶリタニカ百科事典」なる ニッチな 丁寧なサイトまである工藤ちゃんですが、端的に紹介するならこちらのサイトから引くのがよさそうです。

子供の頃にテレビやラジオで流れていたアイドルの歌声の可愛さ、華やかさに憧れを抱いてアイドルを目指す。両親や友人から反対され、両親との喧嘩後に家出同然での状態で青森県から上京し、現在の事務所に所属しアイドルデビューを果たす。

工藤忍 (工藤忍Wiki ~しのぶリタニカ百科事典~)

単身で都会に出てきて、持ち前の真面目さと努力で夢を叶えるだなんて、まさにシンデレラストーリーじゃないですか。恐らく一定の年齢層以上の心は鷲掴み間違いなしです。工藤ちゃんは真面目っ子かわいい。

それでいて意外に抜けているところもまたいいよね。工藤ちゃんはポンコツかわいい。

そんな工藤ちゃんが、モバマスで初めてSRとして登場したのは2013年4月のSR[ハッピーマジシャン]。翌年8月にはSR[私だけのステージ]で二度目のSR化。この「私だけのステージ」は、2017年9月にデレステにも登場します。両親が住む故郷に少しだけ錦を飾りつつ、「昔からお気に入りの場所」を紹介してくれる姿は、本当にいい子だなあと思います。ここから着想を得て描かれた『その胸いっぱいの愛で』は、読めば涙で十三湖が溢れること間違いなしです。

ね、いいところでしょ。これがアタシの育った景色だよ。本当に大好きで、本当に大切な場所だから、いつか[P名]さんにも見てほしいと思ってたんだ。なんてことない海だけどねっ!

[私だけのステージ]工藤忍 (モバマス) (工藤忍Wiki ~しのぶリタニカ百科事典~)


どうかな、[P名]さん。アタシの故郷。華やかなものはないけど…人はあったかいし、景色も綺麗でしょ? ずっと、見てもらいたかったんだ!

[私だけのステージ]工藤忍 (デレステ) (工藤忍Wiki ~しのぶリタニカ百科事典~)

あ。やばい。すごく見たい。見せて見せて。

だいたい、おいらはこういう「秘密の景色」みたいなのにすごく弱くて、津軽海峡の対岸のバンドが「生まれた街のあの白さを、あなたにも見せたい」と歌ったのを聴いてコロッといってしまい、後年、資格試験の受験にかこつけて冬の函館まで行ったことがあります。残念ながら、「いつか二人で行きたいね」の部分はガン無視して一人旅だったんだんですけどね。

さて、問題はこの背景がどの辺か、というところです。もともと、「工藤姓だから津軽だろうなあ」とは思っていたのですが、「ハッピーマジシャン」で実家からリンゴが送られてきたのを見て、「やっぱり津軽か」とぼんやり思っていたところです。

ただし、この「工藤=津軽」という発想はどうやら誤りらしく、こちらの本によれば、「工藤=津軽」というイメージはあるものの、現実にはいわゆる南部地方にも多くいらっしゃるそうです。

石を投げれば、工藤に当たる。――これは、津軽に工藤さんが如何に多いか、というユーモア的表現であるらしい。

楠美鉄二『工藤物語』,東奥日報社,1981,pp154-155

さて、デレステで横長の画像が登場すると、たちまちこの場所に関する考察がなされ始めました。いちばん詳しいのは、おそらく神子田正治P(@hashiba_bigfour)のこの辺かと。この考察も含め、かなり細かい点に着目したり丁寧に分析していたり、恐れ入ります。モーメントは長いのでたたんじゃいました。「その他のモーメントを表示」を参照くだしあ。



これについては、おいらもデレステ登場後にちょっと考えていて、



と迷走していたり。それでも、神子田正治Pには申し訳ないけれど、おいらは小泊下前説を採ります。

「私だけのステージ」の背景で嫌らしいのは、地形を見ると「夕日の方向に向かっていく海岸線」があって、人工物でいくと「低めの防波堤」と「道路照明」、何より「やけに存在感のある灯台」があるという点。これはあくまでおいらの経験則なのですが(何のだ)、こういう背景を描く人って、「その場所ずばり」を描く場合は別として、自然の地形は比較的間引く傾向に、人工物は付け加えることが多いように思うのです。そして、モバマスにしてもデレステにしても、台詞で海や夕焼けの話はしていても、「目立ちすぎる灯台」には触れていません。ということは、強引に前向きに解釈すると、やはりあの絵の中で地形と太陽の位置関係に誇張はないけれど、灯台はちょっと怪しいぞ、と。ということで、背景の地形と海沿いの道の形状から、やっぱり下前漁港のあたりかなあ。と。

そうと決まれば、あとは実際に現地を見てみるのみです。というわけでまずは下見。行ったのは2018年3月です。なんで3月なのかって言ったら、下前の漁港のあたりから見て、権現崎に夕日がちょうど落ちるのがこの時期だからです。きょうび、各地の日の出日の入りの時刻や方角を調べるサイトなんていうのもあるから、大変助かります。うんうん。読んでいる人の半分くらいがドン引きする音が聴こえた気がする。それでもなんでも、こういう無駄なところこそこだわりたいよね。ね。

本当は工藤ちゃんの上京の逆ルートに合わせて公共交通機関で行きたかったのですが、ついでに行きたい場所もあるので、切符の確保とレンタカーを予約。日本海沿いだけあって、3月も終わりになるとほとんど雪もないのですが、海風が強い。ましてや17時台だし超寒い。気象庁のデータで確認したところ、この時間帯、小泊より少し南の市浦では気温1度台でした(翌日は6度くらいまで上がったみたい)。さすがに位置関係を合わせたとしても、工藤ちゃんのあの格好は無いですね。なので下見なのです。しょぼいカメラと残念テクに、間に合わせ仕事感満載の張り合わせを重ねた画像はこちら。むむむ。けっこう近くないですか(強引)。ほら、貼り付けてる部分あたりの左右をぶった切って詰めたら、いい感じになりませんか(超強引)。

時は下って9月の敬老の日の3連休です。下見の時点で割とイメージに近い画像が押さえられていたし、天気も上々だったので、完全に調子こいていたおいらは、レンタカーで龍泊ラインを南下しながら、とあることに気がつきました。「あ。先週実装されたARスタジオ機能を使えば、まんま『私だけのステージ』が作れるじゃん」と。しかしながらここで問題がいくつか。まず、おいらのスマホはオートモードに非対応。仮にマーカーを用意するにしても、こんな奥津軽でどうすりゃいいの。思えば、デレステのSRが公開されたのは9月の2週なので、その時点で調べていたら1年早く来ることだってできたはず。今回のARスタジオ機能も、うってつけの時期にお披露目されたんだから、ちょっと頭を働かせればいくらでも使えたのにね。はあっ。気を取り直して、9月の(ほぼ)同じ場所を撮ってきました。陽が落ちる頃でも気温は20度ちょい。これなら工藤ちゃんの格好でも寒くはないでしょう。型落ちのカメラとイマイチなテクに、やっつけ具合が随所に見える画像はこちら。なるほど、まるで成長していない。ちなみに、デレステの画像で右側に登場する街灯ですが、この画像の右手前にちゃんと立っています。なので、イメージとしては、街灯から水平線までほぼ180度の範囲をぎゅぎゅっと詰めると、デレステの画像に近くなるような感じです(ますます強引)。

ところで、この場所へ行く方法ですが、公共交通機関を使う場合は五所川原駅から小泊に向かう弘南バスしかありません。工藤ちゃんの上京は、きっとこの逆ルートだったんじゃないかな。小泊に行く系統はいくつかありますが、全て下前の集落を経由するのであまり心配しなくていいと思います。バスは津軽中里駅前も経由するものもあるので、ついでに津軽鉄道に乗るのもいいんじゃないでしょうか。なお、下前ではなくその次の立松というバス停で降りると、降りたら5秒であの写真の場所です。むしろ心配なのは、撮ったあとどうするか、という点ですね。9月に撮った時は、日の入りが17時45分頃なのでだいたい17時半前後から適当にシャッターを切っていました。その撮り始めの頃(たしか17時29分)に、五所川原行きの最終バスが立松のバス停を通過していったんですね。もしかすると、工藤ちゃんが上京する時も、サヨナラバスから見えたのはこの夕陽と故郷の家々だったのかもしれません。なので、おそらく今週くらい(日の入りは17時半頃になるけれど、もっと海側に日が沈む)じゃないと、撮ってからバスに飛び乗るというのは難しいと思います。つまり、車窓から遠ざかっていく故郷に思いをはせながらライオン海道をバスで行く、という追体験を希望するなら、前もって時間管理しないといけないし、現地で余裕をもって臨みたいという人は、やはりレンタカーがいいんじゃないかな。

というわけで、1枚の画像に魅せられて、100点の答えは導き出せなかったけれど、そこそこ及第点近くまでは追いかけられたんじゃないでしょうか。割と円満に幕を下ろすつもりでここまで書いてきたのですが、ここからひっくり返すというのもまたおいらの芸風です。さっきも上で取り上げた「ハッピーマジシャン」で、こんなセリフがありました。

リンゴ、美味しい?ふふ…アタシの地元のだから、当然でしょ

[ハッピーマジシャン]工藤忍 (デレステ) (工藤忍Wiki ~しのぶリタニカ百科事典~)

だいたいですね、リンゴの名産地って弘前市あたりの中南津軽とか、長野県とか、海から離れた平らな土地って印象があるじゃないですか。何度か小泊を含む北五津軽のあたりを見てきたけれど、リンゴ畑を見た記憶がありません。確認のため、農林水産省が毎年行っている作物統計調査から、耕地面積の内訳を見てみましょう。小泊村は平成16年に内陸の中里町と飛び地合併しているので、e-statにある平成15年までの数字を見ます。樹園地、つまりリンゴを含む果樹を栽培している畑は、平成5年以降ずっと「-」です。ということは、小泊でリンゴは採れません。あっれー。

ほ、ほら。SRが実装されたのは中里町と合併した後だから、「地元」=「今の中泊町」って解釈すれば成り立つじゃないですか。というか、広い意味で言えば工藤ちゃんは青森県全体を背負っているわけだから、青森のリンゴは、みんな工藤ちゃんの地元のリンゴなんですよ(さらに強引)。下手に事前に「地元のリンゴ」が出てきてしまっているがゆえに、「及第点近く」などと、おいらは小泊下前説をそこまで自信もって押せないのです。「シナリオ担当の人、そこまで考えてないと思うよ」なのかなあ。決め手を欠いた上に不整合まで出てくるなど、どうにも頼りない終わり方ですが、1年前のおいらがいいことを言っていたので、それで強引にまとめることにしましょ。

豪雨の日は学校に避難しないわけにはいかない。

また半年も間が開いてしまいました。日夜、尋常ではない暑さが続いていますが、今月頭に西日本を中心に大きな被害が発生した豪雨の話でも。

今回の豪雨では、台湾からの温かい支援も話題になりました。7日には蔡英文・総統がTwitter上で日本語を用いてお見舞いと支援の意思を表明し、翌週12日には、台北駐日経済文化代表処から日本台湾交流協会に義援金が送られました。交流協会経由というのが日台の微妙な関係を表していますが、それは置いておくとして。


一方、台湾での報道を見ると、あまり大々的に取り上げられているような印象はありません。被害が次第に明らかになっていたのとちょうど同じ頃、タイでは洞窟に閉じ込められた少年たちの救出が劇的な展開を迎えていたため、そっちに持って行かれたような感じでしょうか。

独自の視点で取り上げた記事を探すと、まずは10日の自由時報にあった林翠儀・駐日特派員らのもの。上に書いた日本への義援金に対し、日本のネット上で台湾への謝意が示されているということを伝えています。ただ、記事中に「日本最大のネット掲示板である『2ちゃんねる』やYahoo!ニュースのコメントでは」ってあるけど、うん、2chは、その、まあ、あれな。

また、実際に記者が被災地に入って取材した記事もありました。蘋果日報の記者が10日に広島入りし、2名が亡くなった府中町を取材しています。その様子を記した11日の記事では、下半身が泥まみれになりながら、ゴムボートを押して救出活動を続ける警察や消防の姿、なお危険があることから避難を呼びかける防災無線など、災害が「続いている」状況を伝えているほか、救助活動に随行して取材していたところ、浸水した住宅の2階からの救助を聞きつけ、女性2人を救出する場面に遭遇したことが生々しく書かれています。りんごは、さらに翌11日には8人が亡くなっている三原市に入り、12日の記事では、泥まみれになった商店や、機能できなくなった病院の状況を報じています。また、避難所で活動する自衛隊の姿や、前向きに頑張ろうとする被災者の声を連ね、最後にこう〆ています。「三原市について、日本人にとって最も知られているのは、タコと三原だるまだ。大雨と洪水の被害の後、三原市はまさにだるまの『倒れない』精神によって、廃墟の中から立ち上がろうと努力している」。え。そもそも「三原はだるま」って知らなかったし、起き上がり小法師と違って、だるまに「倒れない」とか「倒れそうになっても起き上がる」とかっていう意味はないんじゃないかな。と思っていたら、確かに三原観光協会のWebサイトは「タコとだるま」の画像があちこちにいるし、下半分にしっかりおもりが入っているらしく、「三原のだるまは、転んでも必ず起き上がります」って、めっちゃ書いてある。知りませんでした。ごめんなさい。同じ三原市の取材では、12日のこっちの記事も丁寧に市民の声を拾っていて、新鮮な驚きでした。海外のメディアだからこういうピンポイントな取材も逆に可能なのかな。

また、「災害は多いけど、災害に強い国」という日本の印象や、同じく豪雨や土砂災害の多い台湾との比較について書いている記事もいくつかありましたね。例えば聯合報の東京特派員である蔡佩芳は、「驚異的な降水量は、日本の防災体制を無力化した」と、ややドキッとするような書き出しで10日の記事を始めています。しかし読み進めると「今回の被害は、決して事前の予報の失敗によるものではない。7日正午頃には300万戸、800万人強に避難指示や避難勧告が出された。しかし実際に避難したのは1万人あまりであった。言い換えれば、勧告を聞き入れて避難したのは、800人中1人しかしなかったのだ」と、問題点を指摘。それでは、なぜ避難しなかったのか。記事では「避難しようかと思った時、既に家の前の道路が冠水していたので、このまま留まった方が安全だと思った」という被災者の声を引くなどしたうえで、こう簡潔にまとめています。「日本はこれまで、水害が比較的少なく、主だった災害は地震によるものであったため、政府や自治体、企業および市民に至るまで、水害に対する危機感がまったくなかった」と。耳が痛い痛い。さらに、昨今の異常気象によって日本でも過去に例のない大雨が記録されていることを踏まえ、これからの災害対策の計画には「地震+α」とすべきだと提案し、それは同様の災害頻発国でもある台湾も同じだと述べてます。むう。

投書記事にも目を移すと、10日の自由時報には、かつて経済部水利署の水利行政組長を務めていた張炎銘が、先島諸島や台湾の北側を抜けつつあった台風8号に絡めて警鐘を鳴らしていました。冒頭の「防災に関する科学技術の面では大国であった日本で、なぜこのように深刻な被害が生じたのか?」や、後半の「日本のような科学技術大国でまさか警報や避難の呼びかけを出さなかったとでもいうのか? それとも、災害を予測する情報を市民が持っていなかったのか、そればかりか最初からこうした情報を軽んじたとでもいうのか?」と、なんかもう、持ち上げてそのまま投げっぱなしジャーマン感がぱない。結びの「台湾は、最近の日本の経験を戒めとし、市民は、台風の警報や避難をないがしろにしてはならない」あたりは、もう本当にごめんなさい。似たような投書は、11日の聯合報にもありました。書いているのは、台湾の利水・治水の技術者の連合会の陳賜賢・理事長。

ちょっと強引に絡めすぎてないですかね、という投書や記事もちらほら。先に書いた蔡英文・総統のツイートに安倍晋三・首相が返信したことなどを挙げ、「台日関係をより良好にするため、福島県など5県を対象とした食品輸入規制を撤廃すべし」という11日の自由時報の投書は、気持ちはありがたいのだけれど、規制されている5県って今回の被災地とほとんど重なってない(輸入規制は、福島県、茨城県、栃木県、群馬県および千葉県の5県。7月豪雨では、負傷者が千葉県で、家屋の損傷被害が福島県と千葉県であったので、まったく重なっていないわけではないのねん)から、ものすごく一足飛びした感じが。

また、コラム記事でも18日の聯合報「即時短評」では、文部科学省が17日にパブコメを開始した「高等学校学習指導要領の改訂に伴う移行措置案」に激しく反応。いわゆる新高等学校学習指導要領の導入にあたり、移行期間である来年度からさっそく先行適用する内容の案が公表されたのですが、そこに領土関係の内容も含まれている、つまり「尖閣諸島は日本の固有の領土であって、領土問題は存在しない」という点も入っているわけ。これについて聯合報は、「蔡英文の支援表明に安倍晋三が感謝するなど、台日の友好関係が示されていた一方、教科書の問題に対して、蔡英文や外交部はだんまりだ」などと厳しい指摘。最後の「釣魚台の立場に関する我々の声がどんどん小さくなってしまうと、将来、本当に『共同開発』となった時に、実を勝ち取れうような大声を上げることができるのだろうか」というのは分からなくはないんだけど、せめてこういうときは切り離さないと、かえって禍根を生むんじゃないかなあ。

とは思いつつ、じゃあ日本を見た時に切り離せているかって言ったら、どうかなあ。困難な時の支えをいいことに、「どんな時でも日本を助けてくれる」と、嫌な言い方をすれば「日本の言うことに逆らったり、文句を言ってこない」と、そんな風に思っている人たちが絶対にいないかって言ったら、ああ、やっぱりちょっと自信がないなあ。

2017年のキーワードは「働き方改革」?

今さらながら、本年もよろしくお願いします。先に事務的な連絡を。ええとですね、エントリの通し番号で気がついた方もいるかと思いますが、先月23日の「歴史に沈みかけた者を助く遅すぎた船。」との間に、一つエントリが存在しています。何が隠れているのかというと、再開前のブログをご存じという奇特な方は憶えているかもしれません。以前は、毎年大晦日に、その年に取り上げ損ねたVOCALOID曲の話をしていました。何の供養だ、それ。同時に、「ちょっとだけ隠れてたVOCALOID曲10選」というのも上げていたのですが、2017年はこいつがボトルネックになっています。今の時点でさっぱり絞り切れていないです。とはいえ、ボトルネックは排除しなければなりません(米澤穂信脳)。とりまとめ終わったらお知らせしますね。

これまでだと、「前のエントリを片付けてから次の話を」というのがおいらの定石でしたが、ずるずると更新が先延ばしになるのはよくありません。新しい年の始まりは、やはり新しい気持ちで臨む必要があるのです。それは、いくら年賀はがきの抽籤が終わってしまった時期であっても。というわけで、恒例のアレ、台湾のACGサイト・巴哈姆特から、2017年のアニメ・漫画10大ニュースの話を。おい、内容に新しさが皆無だぞ。

2017年に巴哈姆特で扱われた3,567本のニュースから、選ばれたのは、以下の10本でした。日付と記事の題名は、巴哈姆特の当時の記事の日付と題名とのこと。

第10位:アメリカ版実写映画『Death Note』、ネットフリックスで予告編公開(06/30)
いわゆる「実写化する」ということに焦点は当てず、「さながら黒船のように、ネットフリックスが日本や世界の市場に進出した」という点で巴哈姆特は取り上げていますね。「ネットフリックスによってアニメ界の版図にどのような変化があるのか? 今後も注視し続ける価値がある事象といえよう」。
第9位:『けものフレンズ』、新作は制作陣を一新 公式サイトで公表(09/27)
2017年のアニメ界最大の大番狂わせ作品、巴哈姆特も「ダークホース」と表現して、予想外の好成績を称えています。そして秋には一転してこの騒動、さて二期はいったいどうなることやら。
第8位:ソニーピクチャーズ、『スパイダーマン』の悪役である「ヴェノム」のスピンオフ作品を来年秋に公開と発表(03/17)
2017年のアメコミ枠のニュースはこれ。アメコミが原作の作品でした。これについては後述で。
第7位:台湾史上最大のガンダム展、双十節の連休に登場 6mの巨大なガンダムとザクが台北の統一百貨店に(10/09)
2017年も数多くの実物展示企画が台湾に上陸しました。2月には台北花博公園の流行館で『ソードアート・オンライン』展が、9月には台北の靠邊走藝術空間(Wrong Gallery Taipei)で士郎正宗展が開かれました。おいらが最も驚いたのは、3月から台北の国立台湾科学教育館で開かれた『君の名は。』展ですね。
第6位:ディズニー、524億ドルで21世紀フォックスを買収 『X-MEN』『デッドプール』『ファンタスティック・フォー』はマーベルに復帰(12/15)
あれれ。もともとマーベルってディズニー傘下になっていなかったっけ、と思ったら、20世紀フォックスにライセンスがあったのね。
第5位:『マジンガーZ』の新作映画が正式発表 40年ぶりにスクリーンに再登場(01/26)
もとより、日本のACGの話題であっても巴哈姆特で知る、という事例はたくさんあったのですが、『いちご100%』の続編はこの記事の関連ニュースで初めて知りました。
第4位:ディズニー、『ムーラン』の実写版映画で劉亦菲を主演に 公開は2019年予定(11/30)
本文では「2017年は日本の有名漫画『鋼の錬金術師』も実写映画化、世界190か国で上映予定で、台湾にもまもなくやってくる」と煽っており、なんというかこう、ごめんなさい。なお、ネットでは事前に「胡婷婷が主役では」といううわさがあったので、記事の中でも触れられてます。
第3位:『ドラゴンボール』のブルマ、『きまぐれオレンジ☆ロード』鮎川まどかなどを演じた鶴ひろみ、高速道路上で亡くなる(11/17)
訃報が3位に。2月に世を去った『孤独のグルメ』の作画を務めた谷口ジローや、93歳の大往生だった『老夫子』の作者、老夫子の名前も挙がっています。「人の命が、このように無情であるがゆえに、自分自身が作り出す自らの輝かしい日々を、その時々に大事しなければならない」というのはまさにその通り。
第2位:『るろうに剣心』の作者、和月伸宏が児童ポルノDVD所持の疑いで書類送検(11/21)
「彼の作品にロリっ子は少ないが、児童ポルノDVD所持で逮捕されたのは事実」とか「単純所持の罰金は最高で100万円なので、彼にとっては微々たる金額にすぎないが、世論の圧力と作者のイメージはそう緩いものではない」とか、巴哈姆特もけっこう厳しめ。
第1位:宮崎駿が正式にカムバック! ジブリ公式サイトが「宮崎駿最後の長編作品」制作と発表(05/19)
関連ニュースには、冨樫義博の『HUNTER×HUNTER』34巻発売の記事が。どういうことかと思ったら、「『引退したいと思っていたけど、またやりたくなった!』『最近ようやく再開したけど、また休みたくなった!』 業界で最も信用できない2人と言われている、アニメの大家宮崎駿と漫画家の冨樫義博が2017年のニュースの1位に輝いた」っておい。高齢者の労働期間延長と、若者(か?)の労働時間削減、うんうん、どちらも昨今の社会情勢そのままですね。(ぼう

記事ではさらに、十大ニュースのほかに「国産」という項目を設けて、2017年に新たな一歩を踏み出した台湾国産アニメを取り上げています。記事にもあるように、過去に個人で制作されたショートフィルムが長編アニメとなった『幸福路上』、単発TVアニメから映画化され金馬奨では優秀長編アニメ部門にノミネートされた『小猫巴克里』など、2017年暮れから2018年頭にかけて劇場公開される作品ばかりなので、幸先いいスタートを切ってくれるといいですね。

中国ではACG分野での日本離れも加速しつつある昨今ですが、ご覧のランキングのとおり、巴哈姆特ではまだまだ日本びいきが続きそうな予感。とはいえおいらの予想はたいてい外れるのです。さて、2018年の十大ニュースはどんな顔ぶれになるんでしょうか。