また「はじめまして」のご挨拶。

前回の「ブログの再開にあたって。」から、なんだかんだ言って1ヶ月たってしまいました。先が思いやられるというものです。何から書こうかと思っていたのですが、やはり仕切り直し後最初のエントリですし、新しい年の冒頭では前の年を振り返るべきかと考えたので、「はじめまして」の合図として台湾のACGサイト・巴哈姆特から、2016年のアニメ・漫画10大ニュースの話を。余計なことも紹介しよう。またか、またですか。

2016年に巴哈姆特で扱われた3,663本のニュースから、選ばれたのは、以下の10本でした。日付は巴哈姆特の記事の日付とのこと。

第10位:第1回高雄国際マンガ・アニメフェスティバルが4月2日から5日まで高雄アリーナで開催(10/14)
2013年から台北で行われていた「台北国際動漫節」の高雄版が初めて開かれました。こういう催しは東京一辺倒になりがちな日本も参考になるのでは。
第9位:人気アニソン歌手藍井エイル、無期限の活動休止を発表(10/14)
記事でも「声優や歌手の業界で、引退や休養はよくあること」としながらも、中島愛の復活と併せて第9位にランクイン。たびたび台湾でコンサートを行い、「最も印象的で美味しかった食べ物は?」に対し「臭豆腐」の話を持ってくるあたりも影響しているのかな。
第8位:『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の最新予告で仰天のキャラクタが登場(03/11)
2016年、台湾の映画館を席巻したのは、いわゆるアメコミが原作の作品でした。これについては後述で。
第7位:虚淵玄×霹靂『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』、人気声優を集めてこの夏放送予定(02/05)
台湾に脈々と伝わる伝統芸能と、日本が誇るバッドエンドのお家芸という、混ぜていいのか悪いのか、台日の異色な文化交流。7月期にTOKYO MX等で放送されたあと、続編も決定しています。
第6位:新海誠の最新作『君の名は。』が10月21日から台湾で公開(07/28)
ランキングの説明では、5月に台湾でも公開された『ガールズ&パンツァー 劇場版』と共に取り上げられています。あれれ。6位?
第5位:『DRAGONBALL EVOLUTION』、実写映画公開から7年たって脚本家が世界中のファンに謝罪(05/05)
よりによって、この順に並べた上に、「実写化するなら、見栄えもそうだけど、ちゃんとプロに任せろや」と苦言を呈する巴哈姆特さんかっけー。
第4位:巴哈姆特の無料アニメ配信サービス「動書瘋」がオープン!(01/06)
ちなみに、こちら。巴哈姆特の会員になって3ヶ月以上たっている人は、冒頭の広告視聴と引き換えに無料で観られるみたい。みたい、と書いたのは、日本のIPだと弾かれるのねん。
第3位:『こちら葛飾区亀有公園前派出所』、9月に完結 単行本200巻をもって40年の連載にピリオド(09/03)
これも2016年でした。「名作の完結を悲しむとともに、新世代のジャンプ作品に期待しよう」という巴哈姆特のコメントがジャンプっぽい。
第2位:水瀬いのり、殺害予告を受けて「リスアニ!LIVE TAIWAN」などのイベントがキャンセル(11/25)
嫌な事件だったね。巴哈姆特が〆で書いている「いろいろな応援の方法はあるけれど、一線を越えてまで注意を引くようなことはかえって逆効果になるということを申し上げておきたい」は、自戒したいですね。
第1位:『ああっ女神さまっ』の藤島康介と、著名コスプレイヤーの御伽ねこむが結婚を発表(06/29)
えっ。(素

例年基準がよくわからないランキングなので、順位の妥当性を問うのは野暮というもの。それにしても意外に感じたのは、『君の名は。』が6位というところ。もっと上でもいいんじゃないのかと。日本にいる身とすれば、国内での爆発的な大ヒットはもちろんのこと、「アジア6冠」というニュースも見ているだけに、「もうちょっと上でもいいんじゃない」と思ってしまうのです。

大ヒット中のアニメ映画「君の名は。」(新海誠監督)が、1月4日に公開した韓国でも初日の興収・動員で1位となったことが6日、分かった。動員13万人で興収1億円を突破した。

「君の名は。」は中国、タイでも公開された日本映画として歴代興収の新記録を樹立したほか、台湾、香港でも映画ランキングで1位となっており、日本を含め6か国・地域で首位となった。

「君の名は。」アジア6冠、韓国でも初日興収・動員1位」に(スポーツ報知)

スポーツ報知の記事にもあるとおり、「台湾でも映画ランキング1位」というのは正しくて、「台灣偶像劇場」によれば、正式に公開された去年10月21日の週末(金曜から日曜の3日間)に、台北で1,928万元の興行収入を数え、週間1位になっています。なお、2位は台北で1,788万元の『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』。ちなみに、このランキングだと公開2週目扱いになっちゃているのは、先行上映した前週(台北で453万元で3位)がカウントされているからかと。

ところが、1位というのはこの週限りで、翌週には1,392万元と健闘したものの『ドクター・ストレンジ』(台北で3,273万元)の後塵を拝し2位に。もっとも、前週比-28%というのは、『ジャック・リーチャー』(台北で590万元で3位)の-67%なんかと比べると、かなり優秀なように見えますし、さらにその翌週も『ドクター・ストレンジ』に続いて2位をキープしています。とはいえ、「台湾で1位」というのは1週限りですので、言ってみれば数ある「全米ナンバーワン」とそんなに変わりません。あれ。なんだか俄かにしょぼくなってきた。

それならば年間の興行成績で見てみましょう。台湾全土の年間興行収入上位10傑は、12月24日の蘋果日報によるとこんな感じ。3位と10位を除きタイトルは日本公開時のものに合わせているのと、後ろの数字が興行収入でっす。

  1. 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(5億3,098万元)
  2. 『デッドプール』(4億2,000万元)
  3. 『屍速列車(中文題/日本未公開)』(3億4,000万元)
  4. 『ドクター・ストレンジ』(3億0,035万元)
  5. 『スーサイド・スクワッド』(2億9,900万元)
  6. 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(2億9,700万元)
  7. 『ズートピア』(2億8,890万元)
  8. 『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』(2億3,400万元)
  9. 『X-MEN: アポカリプス』(2億2,500万元)
  10. 『葉問3(中文題/日本未公開)』(2億2,000万元)

3位の『屍速列車』は韓国映画、10位の『葉問3』は香港映画で、あとは洋画。つまり、台湾では、年間の数字で見てもトップ10圏外だし(ちなみに、2億元強で12位だそうです)、アジア映画最高とも言えなければ、最も観られたアニメ作品でもなかったのです。あれま。

ちょっと脱線します。ここまで「台北」と「台湾全体」の数字を使い分けているのですが、決して都合のいいように選んでいるわけじゃありません。そんなことするんだったら、もっと上手く書きます。前にもブログだったか東亜板だったかに書いたんですが、台湾の興行収入の計上方法って一定していません。両方の数字が使われています。しかも、かつては「台北の収入×2=台湾全体の収入」などというざっくりした出し方を使っていました。今では「台北市の映画館の数」よりも「台北市以外にある映画館の数」の方が多いので、この換算はたぶん使っていないはずです。逆に言えば、確かな数字として比較可能なのは「台北での興行収入」しかないんですね。

さて、閑話休題。こう書くと、「台湾では、言うほどパッとしなかった」と見えてしまうのですが、そうとも言い切れなかったり。例えば、当たり前ながら昨年台湾で公開された日本映画ではトップになりますし、実は歴代で見てもトップです。

実質公開3週目にあたる11月3日の時点で台北での興行収入は5,700万元に達し、台北での日本映画の興行収入記録(5,083万元)を17年ぶりに更新しています。へえ。17年間もトップを維持してきた映画ってなんだろうと思って、11月4日の自由時報を見たら、『七夜怪談』の文字。あ。中田秀夫監督の『リング』か。って、えええ。どんだけ古いんだよ。もうブラウン管のテレビから貞子が出てくるどころかVRの時代ですよ。

同様に、10月29日の自由時報によれば、台湾全土で比べたとしても、実質公開10日目の10月27日の時点で1億元を突破、宮崎駿監督の『ハウルの動く城』が持っていた9,545万元を超えています。日本映画の記録が2種類あるのは上に書いたような理由からですが、今後、「台湾で最もヒットした日本映画」が『君の名は。』で一本化されたという意味でも大きな出来事ですね。ちなみに、宮崎作品と言えば『千と千尋の神隠し』の方が相性良さそうな気がしますが、2013年の蘋果日報の記事を見ると、『千と千尋の神隠し』は7,454万元で、宮崎作品の中では2番目なのね。

また、息の長さも特筆すべき点かもしれません。先ほどの「台灣偶像劇場」の資料を見ると、実質公開10週目となる12月25日まで台北の興行収入ランキングトップ20に留まり続けていました。これは『ズートピア』の15週、『ビリー・リンの永遠の一日(日本では今月11日公開)』と『レヴェナント: 蘇えりし者』の11週に次ぐ記録です。また、実質公開11週目にいったん圏外に外れたものの、年が明けて実質公開13週目にあたる1月15日にも10位にカムバックするという動きを見せています。

ちょっと変わったところでは、12月13日に台湾のYahoo奇摩が発表した「映画のタイトルの検索キーワード」ランキングも。このランキング、1位は『屍速列車』だったのですが、『君の名は。』が2位に登場します。3位は『ズートピア』ですね。11月までの検索語が対象なので、公開から1ヶ月ほどの『君の名は。』がこの位置というのはすごいんじゃないかな。5位に『リリーのすべて』が入っているので、ネットで話題になるかならないか、という要素もあるのかもしれないです。

Yahoo奇摩では、併せて「映画の満足度」ランキングも発表されています。1位は『ズートピア』、2位は『ハクソー・リッジ』、3位で『名探偵コナン 純黒の悪夢』が日本映画最上位で出てきます。以下、4位『死霊館 エンフィールド事件』、5位『イーグル・ジャンプ』、6位『我們的那時此刻(中文題/日本未公開)』、7位『リリーのすべて』、8位『惡女訂製服(中文題/原題は『The Dressmaker』/日本未公開)』、9位『君の名は。』、10位『久美子的奇異旅程(中文題/日本未公開)』というラインナップ。ぴああたりの満足度ランキング以上に「興行収入とさっぱり一致しない」顔ぶれの中でもしっかり1位に君臨するあたり、うんうん、やっぱりすごいな『ズートピア』は。って、あれ?

ブログの再開にあたって。

気がつけば、今年もあと数時間です。Movable Typeでブログを書いていた頃、最後のエントリが2014年の暮れだったので、かれこれ2年ぶりになります。もっとも、その間、Twitter上では6,000ポスト以上していたみたいだし、新参外様φ★であることには変わりがなかったので、あまり大きな変化は感じなかったです。

Twitterの方でも書いたような気がしますが、約2年前に何をやらかしたかと言うと、Movable Typeで設定をいじくりすぎて、更新ができなくなったというお粗末な話です。ああ、お恥ずかしいったらありゃしない

それならば、と、Word Pressに乗り換えて再開しようと思ったものの、今度は過去データの移行がうまくいかない。むむむ。そうこうしているうちに再始動するきっかけを失ってしまい、「ま、Twitterあるからいいっしょ」でだらだらと来てしまったのでした。幸か不幸か、今年の夏の終わりには過去401回(公開していないのや、番号が飛んでるのもあるのでこれより少ないけど)を移す作業も目途が立ったので、その頃から「今後どうしようかな」っていうのを考えていました。

そもそもの「2chのスレ立てだと好きなこと書けないぞ」から始まったスタンスも、前提となるφ★の動き自体がかなり下火になっちゃったし、昨今、いろんな媒体でいろんな情報がカバーされているし、もう一回腰を上げるのもかなりためらわれたのです。

もう一つは、どういう構成にしようかな、という悩み。初めの時期って、元のニュースはURLだけで、おいらがざざざっと概要を書いたあと、思ったことを好き放題書く感じでした。あれはあれで書きやすいんです。ただ、当然、あったことの解釈においらのバイアスが掛かるし、拙い文章力と理解力も手伝って、お世辞にもいいエントリを書いていたとは思えません。けっこういろんな人とぶつかったしね。その反省もあってか、後半はほとんど元のニュースを訳して貼り付ける形に。例えば中国時報とかって昔の記事が簡単に消えちゃうので、だったらこちらで残してしまおうという思いもありました。これはこれで書きやすいんです。こんな記事がありました、こんな内容でした、っていうのは、元の記事の選択自体にはおいらのバイアス(あと、記事を書いた人のバイアス)があっても、(誤訳はあるにせよ)エントリの内容としては事実なので、何を言われることもないのです。言われたけど。

ところが、当たり前なんだけど、これって非常にまずいんですよね。海外のメディアの記事を訳すっていうのは、おいらが勝手にやっていいことではない。おまけにおいらの場合、それを貼って何か書いているかと言えば、本文の1/10くらいしかコメントしていないので、なお分が悪い。はて、今までだましだまし書いていたけれど、まとめサイトやキュレーションサイトがこれだけ槍玉に挙がっているご時世、限りなく黒い記事を再掲する意味はあるのかしらん。意義があるとかないとかじゃなくて。

と、いうことを考えていましたので、まず一つは、過去のエントリは公開を取り止めます。中時のことは言えませんね。ぐぬぬ。また、再開後は、ちょっと昔のスタイルに近い書き方になるんじゃないかな。今さらながら手探りで書いていきたいと思いますので、お付き合いいただければと思います。