ブログの再開にあたって。

このエントリーをはてなブックマークに追加

気がつけば、今年もあと数時間です。Movable Typeでブログを書いていた頃、最後のエントリが2014年の暮れだったので、かれこれ2年ぶりになります。もっとも、その間、Twitter上では6,000ポスト以上していたみたいだし、新参外様φ★であることには変わりがなかったので、あまり大きな変化は感じなかったです。

Twitterの方でも書いたような気がしますが、約2年前に何をやらかしたかと言うと、Movable Typeで設定をいじくりすぎて、更新ができなくなったというお粗末な話です。ああ、お恥ずかしいったらありゃしない

それならば、と、Word Pressに乗り換えて再開しようと思ったものの、今度は過去データの移行がうまくいかない。むむむ。そうこうしているうちに再始動するきっかけを失ってしまい、「ま、Twitterあるからいいっしょ」でだらだらと来てしまったのでした。幸か不幸か、今年の夏の終わりには過去401回(公開していないのや、番号が飛んでるのもあるのでこれより少ないけど)を移す作業も目途が立ったので、その頃から「今後どうしようかな」っていうのを考えていました。

そもそもの「2chのスレ立てだと好きなこと書けないぞ」から始まったスタンスも、前提となるφ★の動き自体がかなり下火になっちゃったし、昨今、いろんな媒体でいろんな情報がカバーされているし、もう一回腰を上げるのもかなりためらわれたのです。

もう一つは、どういう構成にしようかな、という悩み。初めの時期って、元のニュースはURLだけで、おいらがざざざっと概要を書いたあと、思ったことを好き放題書く感じでした。あれはあれで書きやすいんです。ただ、当然、あったことの解釈においらのバイアスが掛かるし、拙い文章力と理解力も手伝って、お世辞にもいいエントリを書いていたとは思えません。けっこういろんな人とぶつかったしね。その反省もあってか、後半はほとんど元のニュースを訳して貼り付ける形に。例えば中国時報とかって昔の記事が簡単に消えちゃうので、だったらこちらで残してしまおうという思いもありました。これはこれで書きやすいんです。こんな記事がありました、こんな内容でした、っていうのは、元の記事の選択自体にはおいらのバイアス(あと、記事を書いた人のバイアス)があっても、(誤訳はあるにせよ)エントリの内容としては事実なので、何を言われることもないのです。言われたけど。

ところが、当たり前なんだけど、これって非常にまずいんですよね。海外のメディアの記事を訳すっていうのは、おいらが勝手にやっていいことではない。おまけにおいらの場合、それを貼って何か書いているかと言えば、本文の1/10くらいしかコメントしていないので、なお分が悪い。はて、今までだましだまし書いていたけれど、まとめサイトやキュレーションサイトがこれだけ槍玉に挙がっているご時世、限りなく黒い記事を再掲する意味はあるのかしらん。意義があるとかないとかじゃなくて。

と、いうことを考えていましたので、まず一つは、過去のエントリは公開を取り止めます。中時のことは言えませんね。ぐぬぬ。また、再開後は、ちょっと昔のスタイルに近い書き方になるんじゃないかな。今さらながら手探りで書いていきたいと思いますので、お付き合いいただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。