歴史に沈みかけた者を助く遅すぎた船。

前回の「『ムダヅモ無き改革』に登場した蔡英文らしき何か。」に対し、「そうじゃないだろ」的な電波を受信しました。内容が迷走するブログで申し訳ありません。っていうか、以前から全く統一できていなかったような。

そういうわけなので、リアルの方の蔡英文の話でも。労働基本法改正の件も考えたのですが、別の話題にしましょう。どちらにしても日本ではあまり報じられていないので、おいらの備忘も兼ねたエントリです。

今月5日、台湾の立法院で、「促進轉型正義條例」が可決成立しました。新字体で書くと「促進転型正義条例」、「条例」とありますが、日本の地方自治体が定める条例と違い、台湾の条例は特別法という意味を持ちます。そして「転型正義」ですが、「移行期正義」という日本語がもっぱらあてられています。その先はぐぐれ。では、ここで言う「移行期正義」の対象は誰か。東アジアでこういう話題が出るとちょっと身構えてしまうのが東亜+の悪い癖ですが、日本が台湾を占領していた時期ではありません。条例案が三読を通過した5日の聯合報に全文が出ていますので、まずはここで目的や定義を確認しましょう。

条例の目的は第1条の前段に、「移行期正義を促進し、自由で民主的な立憲主義の秩序を実現するため、この条例を特別に定める」とあります。また、「権力と威力で統治された時代に、こうした秩序に反した違法行為とその結果」が対象であるとされていますが、この「権威で統治された時代」は、第3条で1945年8月15日から1992年11月6日を指すと定義されています。始期は日本人ならおなじみの日ですね。陳儀らが台湾に上陸した日でもなければ、光復の日でもないし、後述と対になる戒厳の発令日でもないというのは不思議な感じがします。そして終期ですが、条例草案の段階では1991年4月30日、中華民国憲法を臨時的に上書きしていた動員戡乱時期臨時条款が効力を持っていた最後の日でした。台湾省に対する戒厳令は1987年7月に解除されていたので、それよりも後に残っていたこの日付にしようとしたのはいいのですが、実は台湾省以外の金門馬祖や南沙東沙は(発令時は海南特別行政区だったので)その時点でなお戒厳のさなかでした。これらの島々で戒厳が解除されたのが、1992年11月6日というわけ。この点、過去の権利回復条例や補償条例とも一致させるという意味もあるのでしょう。

具体的な動きとして、行政院に「促進転型正義委員会(促転会)」を設置し、「過去の政治的資料の公開」「過去の権威主義の象徴の排除と負の遺産の保存」「過去の司法的判断の是正と歴史の真相究明による社会的和解の促進」「不当な党財産の処理」を行うことが第2条で定められています。ここで言う政治的資料には政府だけではなく政党やその付属組織(実質的に政党の支配下にある組織を含む)が含まれ、さらに既に無い組織も対象となります。

どう見ても中国国民党政権の施政と党財産を狙い撃ちした法律ですが、いちおう促転会の委員には「同じ政党の者が3人を超えてはならない(つまり民進党にしろ国民党にしろ単独では3分の1まで)」「片方の性別が3人より少なくなってはならない」という配慮がなされています。その他細かい制度は先ほどの聯合報の条文を読むか、5日の中央通訊社の記事あたりがよくまとまっているんじゃないかしらん。

とはいえ、やはり国民党も面白くありません。6日の東森の記事には国民党からの反対声明を紹介しています。まあ「自分たちで正義を定義するとは何事か。数の暴力で押し通すな」は、「お前が言うな」感があるので置いておくとして、「行政機関が司法権を持つような制度は五権分立に反する」「日本統治時代に受けた不正義には手をさしのべないのか」あたりはふむふむ。

6日から7日にかけての自由時報のこれとかこれとかこれを見ると、「中山」や「中正」と名のついた通りや学校名などを改称するのかどうか、という議論が目立っていますが、興味深いのは陳水扁の子である陳致中が6日に更新したFacebookの内容。7日の自由時報の記事によれば、「名前を変えたり銅像を撤去することが重要ではない。肝心なことは、心の中に棲む権威独裁の魔物を取り除くことによって、歴史の真相を明らかにすることだ」とのこと。そらそうね。元総統の親族といえば、蒋介石のひ孫にあたる蒋萬安の投票行動も6日の自由時報にあって、こっちはこっちで興味深いでっす。もっとも、彼からすると、祖先がどうこうというより党としてどうこうっていう方が強いような、でも台湾だとそうもいかないのかなとか思ったり。

陳水扁の名前が出たので歴史をちょっと遡ると、移行期正義に関する法の制定は陳水扁政権下の2003年以来の民進党の悲願でもありました。当時の民進党は立法院で少数与党。2016年の選挙でようやく現体制になってから満を持しての成立です。このへんは5日の中央通訊社の記事に年表があるので、そっちを参照のこと。ようやく漕ぎ出せた歴史的な一歩は、単に党の面目や政権の支持率浮揚だけで終わるのではなく(それすら果たせるのかどうかもわからないけれど)、人々の過去を掬い、また救うことができるところまでたどり着けるのかしらん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください