クジャクヤママユより佐久間まゆ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このところの『けものフレンズ』の爆発力に乗じて何か書こうかと思ったのですが、前にもTwitterで触れたとおり、文字にしてしまうと一気にトラウマ案件になってしまうので、やっぱ無しで。


それにしてもこの作品、爆発力もさることながら、時限爆弾のような一拍置いた盛り上がりにしても、その後の持続力にしても、昨今例を見ない不思議な反応を展開しています。

初回はそこそこ期待値高かったけど、ちょっとすると人気が下がって落ち着くところで水平飛行、というのは何もおまいらの大好きな作品に限りません。いつもと同じ強引な前フリですが、16日にTVBSが報じた台湾の政治家の声望調査(人気度調査と思ってそんなに外れなさそうです)の結果によれば、総統選挙から1年あまりを迎えた蔡英文・総統ら台湾の政治家・元政治家15人で、明暗が分かれています。以下、「満足」/「不満足」/「満足-不満足」について、「満足」の高い方から順番に、ドン。なお、データ元はTVBS民意調査センターの結果(pdf)でっす。

  • 第1位:陳菊(高雄市長)… 62 / 17 / +45
  • 第2位:頼清徳(台南市長)… 58 / 17 / +41
  • 第3位:柯文哲(台北市長)… 50 / 13 /+37
  • 第4位:鄭文燦(桃園市長)… 50 / 28 / +22
  • 第5位:林佳龍(台中市長)… 46 / 20 / +26
  • 第6位:宋楚瑜(親民党主席)… 42 / 26 / +16
  • 第7位:朱立倫(新北市長)… 38 / 27 / +11
  • 第8位:陳建仁(副総統)… 36 / 26 / +10
  • 第9位:蘇嘉全(立法院長)… 35 / 31 / +4
  • 第10位:馬英九(前総統)… 33 / 36 / -3
  • 第11位:蔡英文(総統・民進党主席)… 29 / 47 / -18
  • 第12位:林全(行政院長)… 27 / 45 / -18
  • 第13位:洪秀柱(国民党主席)… 27 / 45 / -18
  • 第14位:黄国昌(時代力量主席)… 24 / 48 / -24
  • 第15位:李登輝(元総統)… 23 / 38 / -15

もともとこういうのって、地方の首長の方が優位になっちゃうんだけど、上位2人が思っていた以上に強い。災害対応で数字がピョンと上がっていた頃に比べれば減っているものの、それでも6割前後キープ。そして柯Pが善戦している一方で、朱立倫が伸び悩んでいる感じ。先ほどのTVBSの記事によれば、それでも去年の選挙後の数字(満足が31%)よりは伸びているみたい。

下の方に目を移すと、10位になぜか出てくる馬英九。TVBSは解説の中で、去年は満足が24%だったので9pt回復しているが、それでも不満足が36%、と。もう許してやれよ。そしてここから下が「満足の割合<不満足の割合」という方々です。ということは、「満足している人の方が多いかどうか」=「馬英九より上か下か」ということなるため、図らずもネトウヨの皆さんにもたいへん伝わりやすくなりました。

続いてみていくと、11位に蔡英文、12位には林全が、そして13位洪秀柱まで、それぞれ差し引き-18ptという結果で並んでいます。蔡英文は、当選した直後(2016年3月)の満足度63%から比べると、-34ptという大きな落ち込みです。TVBSの記事の解説にもあるとおり、支持政党別のクロス分析を見ても、民進党支持層(87%→55%)、国民党支持層(40%→8%)とも32ptの大幅なダウン。というか、両方とも去年の数字が高すぎという感じがします。就任1年後の総統の満足度が30%って大丈夫なのか、という話もありますが、馬英九も2期目の開始約1年後(2013年4月)に行われたTVBSの調査(pdf)では、満足度で16%、不満足を引くと-48ptという結果だったので、うんまあ、なんとかなるんじゃないかな。

上でクロス集計の話が出たけれど、民進党、国民党、そして時代力量の各党主席の満足度について、支持政党別の集計をかけているのが興味深いですね。まず、今回の政党別支持率を見ると、1年前(2016年3月)と比べて民進党(25%→24%)や国民党(20%→21%)がほぼ横ばいに対し、時代力量が大きく減らし(15%→8%)ている点で、なんというか時代力量の力量が問わr(自粛

また、前回・今回の2回×党主席3人(ただし、前回の調査時点では黄国昌の満足度が調査対象になっていないので)の計5パターンについて、「満足」でも「不満足」でもない「意見なし」な人たちが最も少ないのが、すべて時代力量の支持層。言ってみれば、好みがはっきりしているわけで、こういう人たちをつなぎ止めておくのは大変だろうし、逆に増やしていければ大きな力になりそうです。確かに、今回の満足度調査で、民進党支持層の蔡英文「満足」の割合(55%)や国民党支持層の洪秀柱「満足」の割合(46%)よりも、時代力量支持層の黄国昌「満足」の割合(75%)が圧倒的に光ります。さて、コアな層の路線で行くか、もっと裾野を広げていけるか。ただ、時代力量支持層の蔡英文「満足」が今回56%(不満足を引いても+22pt)に対し、民進党支持層の黄国昌「満足」が36%(不満足を引くと-10pt)というのを見ると、流れていってしまいそうな予感が見え隠れしていたり。

さて、結果に対する反応でも。まずは緑系からいくと、16日の自由時報は記事題で「上位2人は順当だが3位が驚きの結果」としているほか、蔡英文が馬英九よりも下だということも書いています。やっぱり比較対象はそこなのかな。

政治家の捉え方も見てみましょう。まずは1位に輝いた陳菊おばさんから。17日の聯合報によれば、世論調査は参考にすぎないとしつつも感謝を述べたうえで、11位だった蔡英文とは役割が違いすぎるのだから、このような比較は好ましくないとバッサリ。同じ17日の聯合報(一次ソースは中央通訊社)には3位に入った柯文哲・台北市長のコメントを紹介されていますが、世論調査は株と一緒でたまに見るのがいいのであって、毎日気にしていたらやっていられない、というなんとも柯Pらしい感じ。

一方、国民党側はというと、元総統府秘書長の羅智強が17日の聯合報で吠えています。いわく、両岸政策が悪くなれば経済が悪化するし、経済が悪化すれば内政に影響が出るし、内政に影響が出れば政権が崩壊する、と。なので、蔡英文がうまく政権運営をしたければ両岸の安定は不可避であり、それは馬英九路線の継承を意味する、と。おう。

また、折しも国民党は過去最大の乱戦となっている党主席選挙の真っ最中。蔡英文の満足度が大きく減ったにも関わらず、洪秀柱がさらにその下を行ってしまったので、他陣営はここぞとばかりに乗っかります。これも17日の聯合報からですが、有力候補の一人、郝龍斌・副主席は、党の顔である主席がこの体たらくでは、今後の党のイメージに影響が大きいと憂慮しており、遠回しに「やっぱ俺じゃないと」と言っているような言っていないような。

確かに政治家にとってイメージは重要だし、政治家のイメージが党のイメージに直結するというのもわかるんだけど、15人を並べて「YesかNoか」と問われた調査で、「あんまり人気がないんだ」「ダメじゃん」とか「なんか好かれてるみたい」「やってくれそうな予感」みたいなのもなんだかなと思うのです。でもまあ、こういう一時の評判をもって判断する危うさは、別に台湾に限った話じゃないし、政治家に限った話でもないよね。「馬英九より上か下か」みたいな安直な評価を提案してしまったおいら自身を含め、巡り巡って自分に返ってくることに気を付けたいものです。


びえええ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。