市長よ、お前の命のために走れ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の更新から、気がつけば1ヶ月以上たっています。うぅん。2月は3回も更新できたので、個人的には出だしは上々って感じだったのですが、急ブレーキ。本当は、二二八事件70周年に関するニュースや前瞻基礎建設計画‎など、書こうとしていた話題はいくつかあったんです。ただ、モタモタしているうちにどれも旬を過ぎてしまい、ご覧の有様。うん、前と全く変わっていないね。

今年8月、台北ではユニバーシアードが開催されます。台湾だと「世大運」と略されることが多いみたい。その世大運のメイン会場となるのが、台北田径場、日本語に直すと台北陸上競技場です。今回、開催に向けて昨年9月から進められてきた改修工事が、先月29日に終わりました。柯Pこと柯文哲・台北市長が出来映えを視察し、ユニバーシアード出場選手や同大会のマスコットキャラクタ「熊讃」らとともに、新しくなったトラックの試走を行うことに。

まあ、ここまではよくある「大会PR」なのですが、大切なお披露目にも関わらず、走り出した柯Pは数歩進んでから泳ぐように急ブレーキし、前のめりにダイブ。また、おいらのはてブの「柯P何やってんすかシリーズ」タグが増えるじゃないすか。これはこれでケチがつくんじゃないかと思いきや、7日の自由時報によれば、しばらく走っていなかったのと準備運動が不充分だったため、身体の動きがチグハグになってしまったことが転倒の原因だし、怪我をしなかったことは、かえってトラックの弾力性が充分な品質を備えている証左だとコメントしたとか。確かに、初っぱなから怪我されたんじゃ縁起が悪いというのは各国共通なのかも。この転倒、自由時報がYouTubeに動画もあげているので観てみましょう。うん、いいコケっぷりですね。ちなみに、8日の中央通訊社によれば、山ほどサロンパスを貼って凌いだとか。

また、柯Pは7日にFacebookで走り直した後のゴールの時の写真を載せています。その写真に付けたコメント「転んでしまっても、また起き上がればよい。立ち上がったら、もう一度勇敢にゴールを目指すのだ」や、微妙にネタに走っているハッシュタグなどが、ネット上でも話題になっていると、7日の聯合報が伝えています。

ここまでであれば、若干「いいはなし」で終わるのですが、柯Pが走り出してから転ぶまでの数秒間の素材を駆使して、PTTではクソコラグランプリ状態に発展しました。またか。またお前らか。以下、各紙(中央通訊社自由時報中国時報TVBS)が、「まとめサイト」化して集めてくれたPTTの画像を。うぅん、ハードル競走のやつは違和感なさすぎて怖い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。