決してわざとではなく。

立続けに台風が爪痕を残した後に書くのは若干腰が引けつつも、今さらながら『天気の子』関係の話でもしようかと。いろいろあって、公開から約1か月後の8月に観ました。直後感想がさっぱり要領を得ないものなので、今でも恥ずかしす。


そうだねえ、離島だったねえ、エロゲだったねえ。というわけで、今回は「離島」の「エロゲ」の話をしましょう。そうしよう。3行前のことなんか忘れた忘れた。

怒られてしまいそうだけれど、もともと離島というのは「大多数のユーザ」から遠い場所になるので、諸々の設定が可能になるので極めてゲーム向きです。そのため、まったくの想像上の島で話を展開することだって可能なのですが、律儀にも実在の島を舞台にしたりモデルにしたりした作品もあるのですね。

そういう前振りの下、ド直球で書くとすれば、『天気の子』と同じ神津島がモデルになっている『この青空に約束を』になるのでしょう。でもダメです。おいらが神津島に行ったことがありません(おい)。とは言え、そもそもおいらが行ったことのある離島って少ないんですよね。離島振興法で指定される255島の離島振興対策実施地域 [pdf]のうち、行ったことがあるのは3島しかありません。さらに言えば、複数回訪れたことのあるのは1島しかありません。それが、今回の話で取り上げる山形県は酒田市の飛島です。酒田市は、いろいろな都合もあって比較的立ち寄ることの多い街ですが、航路を使わないと行けないため、飛島まで行く機会はあまりありません。

そんな酒田の市内や飛島が舞台になったアダルトゲームが、2011年に「しゃんぐりらすまーと(現在のあかべぇそふとすりぃ)」が出した『恋ではなく ―― It’s not love, but so where near.』です。R-18なので、公式へのリンクの代わりにWikipediaの項目ニコ百の項目へのリンクで勘弁してください。っていうか、なんで両方とも記事があるんだよ。

「離島」と「エロゲ」でなんでこの作品が浮かんだかと言うと、このゲームは実際の街並みや風景をかなり忠実に背景で再現しているんです。さきのニコ百にも

上述の通り、本作の舞台である田舎町は山形県に実在する港町・酒田市である。そのため、作中で登場する舞台(川沿いの通学路、商店街、公園など)も酒田市内の実際の町並みや風景が再現されているのも特徴。具体的には、

  • 川沿いの道(通学路):新井田川の川沿い(風景的には酒田消防署近く?)
  • 山居橋(ロケ地):同じく新井田川沿いの橋、及び山居倉庫のある通り
  • 商店街:酒田市中町商店街(清水屋のある通り)
  • 公園:日和山公園。灯台や千石船、そして海が一緒に見える桜の名所としても知られる
  • 飛島港:山形県唯一の有人島・飛島と酒田を繋ぐ港。旅客船「とびしま」や貨物船「かもめ丸」が行き来している

など、かなり高い再現度である。まあ地元民くらいにしかわからないのが残念だが。

恋ではなく ―― it’s not love, but so where near. (ニコニコ大百科)

と、わざわざ書いているくらい。でも、「田舎町」言うな。作品中でも、省吾が見下すような感想を言ってたしなめられたり、典史や祐未が卑下するようなことを話して友情出演したすーぱーそに子にフォローされたりしていましたね。確かに、現実の酒田市を見ても「何もない田舎町」という感じはありません。どちらかと言えば、「都会になり切れない感じ」が切羽詰まっているように思います。あはは。あと、ニコ百は「地元民くらいにしかわからない」とか言うなし。

――む。であるならば、実際にどのくらい丁寧に描かれているのか、紹介することにしましょう。おっと、その前に。

この作品のいいところ

トモセシュンサクの絵もいいのですが(ここを話し始めると長くなる)、シナリオもいいですね。ニコ百の「概要」にもあるとおり、自主制作の映画を撮ろうとする登場人物たちは、撮影を通じた人間関係や、互いの才能、社会のどうにもならない枠組みといった有形無形の力をぐりぐり受けて、それぞれに成長していくわけです。特に、写真に対する情熱ほとばしる男性側の主人公である典史と、ファッションモデルとして東京と酒田を行ったり来たりする女性側の主人公である祐未の二人は、古傷の痛みに耐えたり、自分たちが社会で通用するかと悩んでみたり、同年代よりはるかに高次元で身と心を削り合っていきます。はっきり言ってエロゲっぽくない。おいらは登場人物たちの年齢の頃に、こんな風に自分の才能とか将来だとかを考えたことはさっぱりなかったからね。それはもう、満月のワンタンよりも薄っぺらい子でした。なので、テキストを追っていて苦しくなるというか、なんていうの、『耳をすませば』の「てんでレベル低くて、やんなっちゃうね」的な感じで十六羅漢から身を投げたくなります。登場人物やテーマが青春小説っぽいにも関わらず、中身の精神年齢がそれよりも上で描かれているという点では、確かにアダルトなのかもしれないです。もうドラマ化しちゃえばいいのに。

また、ゲーム内で祐未が「……まったく、写真バカはこれだから……」と言っているくらい、登場人物たちは揃いも揃ってカメラに対する、というか写真や映像に対する熱量が半端ないです。むしろ、祐未も大概です。カメラという媒体は、何かを表現したいお年頃のお供にするには格好のモノであると同時に、個人的には酒田が舞台になった決め手でもあるように思います。昭和の名写真家である土門拳が酒田の出身ですし、市の中心部から少し外れたところにある飯盛山公園には、日本初の写真専門美術館である土門拳記念館が建っていますからね。おいらも酒田に行ったときにはたいてい土門拳記念館に立ち寄ります。もっとも、芸術全般に善し悪しが分からないおいらなので、作品鑑賞が目的というわけではなく、定期的に展示されている川端康成の写真が目当てです。康成については、『天気の子』関係で後ほど触れるのですがそれはさておき、土門拳が数多く撮影した肖像写真の一つで、恐らく最も有名なのがこの康成ではないでしょうか。昭和26年に撮影されたらしいので、既に五十代に入っている頃。それでもこの強い眼光と澄んだ瞳。記念館では間近で見られるため、目に反射した景色が見えそうなほどで、もう参ってしまいます。

さて、ゲームの中身に戻りましょう。お話は3ルート(扶・亮輔・尚人)+グランドルートの4つの結末があります。個人的には、写真部の美月部長を攻略するルートが無かったのがショックでした(しろめ)。4つのお話とも、それぞれに誰も幸せにならないこともなければ、誰もが幸せになることもないし、少しのボタンの掛け違いで微妙に違う結末に終わるというのも面白かったです。ただし、どれも暗さとくどさがあるので、好みが分かれそうです。というわけで、ぶっちゃけエロシーンはスキップしていいから(おい)、一度やってみてくらさい(おいおい)。

舞台となった場所

まずは、敬意をこめて先行検証された方々をご紹介。

実は、上のリンク先でほぼ網羅されているので、実は既に充分だったり。とはいえ、せっかくなのでご紹介。あと、気をつけなければならないのは、この作品の背景は忠実ですが、一枚絵になるとちょっと微妙というところ。つまり、ゲーム進行中の「背景+立ち絵」というよくある状態の絵は現実世界にかなり近いのですが、背景と登場人物が一枚のイラストになったものは、現地と軒並み合ってきません。というあたりに気を付けてもらって、見比べてみましょう。なお、おいらが撮った時期は各写真の頭に書いているとおりなので、これを読んでいる時点と異なっているかもしれないのでご注意くだしあ。

あ、地図画像はすべて国土地理院地図をおいらが編集したものでっす。

酒田駅

JR羽越本線の酒田駅です。モデル業で東京と往復する祐未にとって酒田の玄関口になると同時に、美月がテーマとしている定点撮影の場所でもあります。作中でも、帰郷した祐未に対し、美月が「……どうしたの? 鶴岡まで買い物にでも行ってきたの?」と平然と地元disりを入れています。なんでや、バイパス沿いに大きなお店もあるやろ。実際の駅の改札口は、かなり忠実に描かれていますね。


また、駅舎を出たあたりのロータリーも出てきます。酒田駅は西側にしか出入口がないのですが、1997年にジャスコ酒田駅前店が閉店して以来、再開発が遅々として進まず、「駅ロータリーから道路一本挟んだ場所が、壮大な空き地」という山形県第3の都市と駅前として致命的な状態になっています。ゲーム内では、大きめの建物が半分入っていますが、これは、この場所よりもう少し南側にあるホテルイン酒田駅前をよっこいしょと持ってきたもの。駅前っぽい景色にするため、動かしたのかなあ。


このほか、美月の定点撮影の場所にそこそこ近い場所が駅前ロータリー入口にあります。ゲーム内の絵では後ろに建物が描かれていますが、まさにこの場所が「壮大な空き地」。空地の向こうには、先ほども書いたホテルイン酒田駅前が見えます。以前も「自然の地形は比較的間引く傾向に、人工物は付け加えることが多いように思う」と書いたとおり、これも「描き足したのかな」と思っていたのですが、他の一枚絵はことごとく現実と合ってこないため、現地を参考に書いたのか偶然なのかは判断が難しいところです。振り返るとまさに酒田駅が目の前なので、この場所が「部長ポジション」だといいなあ。

日和山公園

酒田港の北側に位置する高台にあります。桜の名所としても知られていますね。作中では、扶ルートの最後の場面にもなっているほか、道を挟んだ反対側の日枝神社も名前がちょこちょこ出てきています。ただし、日和山公園や日枝神社の敷地内は登場せず、描かれている場所は公園入口の広場です。

この場面の一枚絵たちと現地とを比べると、扶が(無駄に)カッコよく腰かけるフェンスも見当たらないほか、街灯と引き込み線を現地にあてはめてみると、なんだかよくわからない構図になってきます。しかも立っているのは道路のど真ん中という状態に。この場所であまりに悪戦苦闘したので、「あ、一枚絵は別物だ」と思ったのでした。

中町

作中ではなぜか「駅前の商店街」として描かれるのがこちら。駅からはかなり離れています。というか、駅が旧市街から離れています。中通商店街を抜け、マリーン5清水屋の前に出てきた場所の交差点がこちらの背景画の場所。有名な酒田大火から復興してできた商店街ではあるものの、作中でも言われているように昨今はあまり元気がありません。頑張ってほしいなあ。

好佳が夜の商店街で撮影に挑むのもこの交差点っぽいのですが、やっぱり該当する構図になるようなならないような。ちなみに、交差点の向かいに見える黒の獅子頭「松」は(マリーン5清水屋の反対側にあった赤の獅子頭「桜」と一緒に)、ゲーム発売後に完成した新しい酒田市役所の前に移動しているため、現在はこの場所にありません。毎年5月に行われる酒田まつりで使われるので、見てみたい人はそちらもぜひ。

山居橋・新井田川周辺

作中でも屈指の登場回数を誇る山居橋です。お隣の山居倉庫と合わせて観光地と化しているため、ゲーム内のロケは大変だったろうなあ。背景画としては、川の右岸を並走する道路からのものが主に使われています。よく見ると、中央右側に立っているミラーが、あり得ない方向を向いています。このミラーが役立つためには、川の方にも道が無いといけなくなっちゃうので。この辺からも「人工物は付け加えることが多い」というのが何となくわかるかと。橋の欄干などがちょこちょこ写る一枚絵については、先行検証の皆さんが頑張っているのでそちらを参考に。

尚人ルートでは、この山居橋を起点にカーチェイスが始まります。追いかけっこのルートを含めて、宮野浦の項で。

山居橋の一つ上流に架かる橋が新内橋。ゲームの頃は片側1車線を片側2車線に拡幅する架け替えが行われていた頃のはず。これを左岸側に渡ってから振り返ると、一直線に道が通っているため、晴れていれば雄大な鳥海山がきれいに見えます。目を上流側に向けると、今度は典史が街並みを撮っていたり、学校近くの道として描かれていたりした川沿いの道が見えてきます。なお、作中で一回だけ、この背景の時に「最上川」というテキストが出てきますが、違います。最上川は、芭蕉が「暑き日を海にいれたり」と詠んだくらい、もっと大きく水量も半端じゃありません。それは後の方の最上川左岸の項でも体感できます。

ちなみに、前後のテキストを踏まえると、典史と扶の川べりの場面や祐未と美月が歩く場面の一枚絵もこの辺のはずですが、一致する護岸ブロックや建物が見当たらないので、うんまあ、そういうことだね。あと、先行検証やニコ百では「酒田市消防本部(消防署)の近く」という記述も見受けられますが、2017年に消防本部が移転したため、タクシーや車のナビで移動する場合は注意を。

さらに川沿いを上流に進んで最初の橋、新井田橋の南東には、酒田きっての進学校である酒田東高校が広がっています。旧制酒田中学~酒田第一高校~酒田高校の流れを汲むため、また登下校範囲の描写などから、作中の「酒高」のモデルと考えて差し支えないでしょう。さすがに校内の背景画が合っているかはわかりません。もっとも、学校のWebサイトを見ると写真関係の部活動は無さそうだし、何より制服も全く異なっているので、ちょっと残念。そして、この酒田東高校と新井田川との間に静かに鎮座しているのが、亀ヶ崎八幡神社です。作中では、友情出演したすーぱーそに子が、典史と出会う場面ですね。現地は思っていたよりも場所がないので、真似しようとするとちょっと窮屈な感じになってしまいました。

最上川左岸

国道112号の出羽大橋を一気に渡りましょう。後述のとおり、移動には酒田駅前などのレンタサイクルをお勧めしますが、出羽大橋は800m以上あるうえに容赦なく風の影響を受けるので、早々に諦めてください。「そりゃ太陽も日本海に運ばれちゃうよ」と疲れ切った頃に、尚人ルートで扶たちが転倒した場所にたどり着きます。また、さらに進んで県道との交差点に至ると、扶のバイト先のモデルと思われるセブンイレブン酒田宮野浦店があります。作中ではローソンっぽい絵でしたが、後背地の描かれ方からするとここでしょう。お前、バイトが終わった後に日和山公園で待ち合わせするとか、どんだけ大移動だよ。

この県道との交差点を南に進むと、土門拳記念館などがある飯盛山公園があります。おかげでゲームでも「あ、あのコンビニだ」と見覚えがありました。逆に北側に歩みを向けると、タイトル画像や尚人ルートで出てくる風力発電の風車の浜辺に行くわけですが、そのまま県道を進まずに、国道112号の一つ北側の路地を戻るように東進し、最上川(正確には京田川)の堤防道路に移動しましょう。

宮野浦

庄内平野は海沿いや山間部を含めて風力発電所が多い地域です。酒田港周辺を見ても、酒田北港から最上川河口付近まで何か所か建っています。作品のタイトル画像や尚人ルートで登場する風力発電所は、場所からしても宮野浦の砂浜に建っている庄内風力発電の風力発電所がモデルでしょう。発電容量が600kw×3基とあまり大きくないこと、また風力発電所の設備の耐用年数は20年程度と言われているところ、宮野浦の風力発電所は2005年から稼働しているため、もしかすると酒田駅前よりも先に状況が変わってしまうかも。


さて、尚人ルートの逃走経路を落としてみましょう。尚人の車は山居橋からスタートします。酒田市民会館下の実生橋の交差点を左折し、国道112号に入ったところまでは典史も見ていますね。後から来た扶とともに国道112号は追跡しますが、山居倉庫口の交差点(ゲームの当時は交差点名はありませんでした。国土交通省の「交差点名標識への観光地名称の表示」の一環で、2017年に命名されています)でどちらに行ったかわからなくなるものの、二人は交差点を右折し出羽大橋に入っていきます。ここで撒いてしまっていたら尚人はどうするつもりだったんだろう。先にも書いたとおり、凍結した出羽大橋で扶たちは転倒します。典史だけが尚人の車の車を発見したあたりの描写は、分かっていても辛くなりますね。国道112号と堤防道路とが交差する箇所は、車止めが立っているため(そもそも市中心部から来ると中央分離帯が塞がれている)直接は曲がれません。いったん通り過ぎてから、セブンイレブンのある交差点の一つ手前の信号を曲がり、高見台一丁目公園のあたりから堤防道路に出たのでしょう。ちなみに、仮にこのルートで堤防道路に登ってくると、国道112号からだいたい200mくらい離れています。よくもまあ、尚人の車だって分かったね。あれですか、愛のなせる技ですか。ぎゃー。そんなこんなで堤防道路を河口に向けて一直線です。一直線ではあるものの、2kmくらいあるので、もう一回足に疲労を蓄積させてください。っていうか、典史はよくこんな雪道を追いかけたね。あれですか、(ry。さて、河口に向かっていくと、河川敷の最上川カントリークラブのコースも木々に隠れ、不安になり始めたころに砂浜の入口が見えてきます。ここから歩いて浜辺に向かうと、勇壮な風車が3基、目の前に広がります。と、ここまで書いておいてひっくり返すのも忍びないものの、例によってタイトル画像と現地は一致しません。3基の風力発電施設は、北東から南西に向かって一直線に並んでるうえに羽は北西の海側を向いています。夕空を背負ったタイトル画像とはなんもかんも合いません。仕方ないね。往復4kmの運動を癒すためにも、先ほどのセブンイレブンの交差点の南西側にある「かんぽの宿酒田」で日帰り入浴をキメて温まるのが一興というものですが、2020年3月に営業終了だとか。

飛島島内

飛島へは、酒田港から船で75分。作中では冬の荒波に揉まれてひどいことになっています。大丈夫大丈夫。おいらは春と夏に合計2往復したけれど、4回乗って2回ひどいことになっているから。


アッハイ。島内での背景画は3か所。勝浦地区の民宿、四谷展望台、荒崎の海岸です。飛島航路はGWから9月までの土日と夏休み期間中が2航海、それ以外は1航海が原則ですが、正直、この3か所を押さえる+αくらいなら、1航海の日でも余裕、2航海の日なら酒田発の1便で渡って、2時間後の戻り1便でも回れるでしょう。ただし、作中のように天候に左右されやすいのと、ダイヤが変わって滞在時間が短くなったらこの限りでないです。

まずは足を確保しましょう。とびしまマリンプラザから少し歩いたところにある西村食堂でレンタサイクルを借りられるので、これが便利です。ノートに記入するだけで借りられるので、なんというか、そういう島なんだなあ、と。

そのまま勝浦集落の狭い通りを抜けていきましょう。車は港沿いの広い道をゆきますが、自転車ならこちら。作中では「三市旅館」と書かれた民宿の外観は、中央旅館さんです。泊まったことがないので、部屋の作りが作中と同じかどうかは分からないなあ。


せっかくなので勝浦集落と中村集落を抜けて、いきましょう。本当に民家と民宿しかありません。飛島小中学校や総合センターの脇から、一転して山道に入っていきます。気合で上りましょう。そのまま進むと島北部の法木集落に抜けてしまうので、ヘリポート横のT字路で左に折れます。山の尾根部のようなところを抜ける道は、いたって静かです。数百m進むと、四谷展望台への分岐の案内看板があります。自転車を停めて、林の中の遊歩道をこれまた数百m歩くと、四谷展望台に到着。読みが「よつや」じゃなくて「よだに」というのにはびっくりしました。

夕陽まで待っていると宿泊待ったなしなので、荒崎へ移動しましょう。先ほどの尾根の通りまで戻り、勝浦の方に進みます。無線中継所の十字路で再び自転車を停めて、無線中継所と反対側の林に入っていきます。10分ほど歩くと海岸が見えてきます。気をつけながら階段を下りていきましょう。背景画に岩場が写っていることや、御積島などとの角度的に「このへんかな」と思うあたりを考慮すると、海に突き出た荒崎よりも、その南側、オバフトコロの浜が似ていそうです。

自転車に戻ってさらに道を進むと、急坂を経てフェリー乗り場に戻ってきます。お疲れさまでした。

回り方

酒田市内の移動は、総合的に考えると自転車がいいのではないでしょうか。最上川左岸の一帯に行くには車の方が便利ですが、中心部は車を停めづらいところもあるからです。都合のいいことに、あちこちでレンタサイクルを無料で借りられます。

飛島航路が1日2便体制となる春から秋にかけての週末で回るとなると、行き1便に戻り1便という往復、または島内をゆっくり回って戻り2便というのが軸になるでしょう。となると、初日は行き1便の出航時刻である9時に合わせて酒田港の発着所に着く必要があります。ただし、酒田駅前のレンタサイクルは9時から取扱いが始まるため、自転車での移動は不可能です。おい、前の段落で書いたことをいきなり否定するんじゃない。そうですね、どっちみち9時に港に着くのであれば、酒田市内に前泊するか夜行バスしか無いと思うので、歩けばいいんじゃないでしょうか。困ったときの力業解決でっす。駅でのポイントを押さえつつ、途中で中町のあたり、できれば日和山公園も回ってから酒田港にたどり着きたいところですね。

翌日は、市内で自転車を借りて、新井田川周辺や最上川左岸を攻めた後、酒田駅から帰途に着けば、遠方の人でも余裕をもって移動できると思います。そうそう、飛島航路は1日2便以上の日は事前予約が求められるので、詳細はWebで(投げっぱなし)。

まとめ

というわけで、「離島」の「エロゲ」の話でした。『天気の子』の話は、また改めて……するのかなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください