2017年のキーワードは「働き方改革」?

今さらながら、本年もよろしくお願いします。先に事務的な連絡を。ええとですね、エントリの通し番号で気がついた方もいるかと思いますが、先月23日の「歴史に沈みかけた者を助く遅すぎた船。」との間に、一つエントリが存在しています。何が隠れているのかというと、再開前のブログをご存じという奇特な方は憶えているかもしれません。以前は、毎年大晦日に、その年に取り上げ損ねたVOCALOID曲の話をしていました。何の供養だ、それ。同時に、「ちょっとだけ隠れてたVOCALOID曲10選」というのも上げていたのですが、2017年はこいつがボトルネックになっています。今の時点でさっぱり絞り切れていないです。とはいえ、ボトルネックは排除しなければなりません(米澤穂信脳)。とりまとめ終わったらお知らせしますね。

これまでだと、「前のエントリを片付けてから次の話を」というのがおいらの定石でしたが、ずるずると更新が先延ばしになるのはよくありません。新しい年の始まりは、やはり新しい気持ちで臨む必要があるのです。それは、いくら年賀はがきの抽籤が終わってしまった時期であっても。というわけで、恒例のアレ、台湾のACGサイト・巴哈姆特から、2017年のアニメ・漫画10大ニュースの話を。おい、内容に新しさが皆無だぞ。

2017年に巴哈姆特で扱われた3,567本のニュースから、選ばれたのは、以下の10本でした。日付と記事の題名は、巴哈姆特の当時の記事の日付と題名とのこと。

第10位:アメリカ版実写映画『Death Note』、ネットフリックスで予告編公開(06/30)
いわゆる「実写化する」ということに焦点は当てず、「さながら黒船のように、ネットフリックスが日本や世界の市場に進出した」という点で巴哈姆特は取り上げていますね。「ネットフリックスによってアニメ界の版図にどのような変化があるのか? 今後も注視し続ける価値がある事象といえよう」。
第9位:『けものフレンズ』、新作は制作陣を一新 公式サイトで公表(09/27)
2017年のアニメ界最大の大番狂わせ作品、巴哈姆特も「ダークホース」と表現して、予想外の好成績を称えています。そして秋には一転してこの騒動、さて二期はいったいどうなることやら。
第8位:ソニーピクチャーズ、『スパイダーマン』の悪役である「ヴェノム」のスピンオフ作品を来年秋に公開と発表(03/17)
2017年のアメコミ枠のニュースはこれ。アメコミが原作の作品でした。これについては後述で。
第7位:台湾史上最大のガンダム展、双十節の連休に登場 6mの巨大なガンダムとザクが台北の統一百貨店に(10/09)
2017年も数多くの実物展示企画が台湾に上陸しました。2月には台北花博公園の流行館で『ソードアート・オンライン』展が、9月には台北の靠邊走藝術空間(Wrong Gallery Taipei)で士郎正宗展が開かれました。おいらが最も驚いたのは、3月から台北の国立台湾科学教育館で開かれた『君の名は。』展ですね。
第6位:ディズニー、524億ドルで21世紀フォックスを買収 『X-MEN』『デッドプール』『ファンタスティック・フォー』はマーベルに復帰(12/15)
あれれ。もともとマーベルってディズニー傘下になっていなかったっけ、と思ったら、20世紀フォックスにライセンスがあったのね。
第5位:『マジンガーZ』の新作映画が正式発表 40年ぶりにスクリーンに再登場(01/26)
もとより、日本のACGの話題であっても巴哈姆特で知る、という事例はたくさんあったのですが、『いちご100%』の続編はこの記事の関連ニュースで初めて知りました。
第4位:ディズニー、『ムーラン』の実写版映画で劉亦菲を主演に 公開は2019年予定(11/30)
本文では「2017年は日本の有名漫画『鋼の錬金術師』も実写映画化、世界190か国で上映予定で、台湾にもまもなくやってくる」と煽っており、なんというかこう、ごめんなさい。なお、ネットでは事前に「胡婷婷が主役では」といううわさがあったので、記事の中でも触れられてます。
第3位:『ドラゴンボール』のブルマ、『きまぐれオレンジ☆ロード』鮎川まどかなどを演じた鶴ひろみ、高速道路上で亡くなる(11/17)
訃報が3位に。2月に世を去った『孤独のグルメ』の作画を務めた谷口ジローや、93歳の大往生だった『老夫子』の作者、老夫子の名前も挙がっています。「人の命が、このように無情であるがゆえに、自分自身が作り出す自らの輝かしい日々を、その時々に大事しなければならない」というのはまさにその通り。
第2位:『るろうに剣心』の作者、和月伸宏が児童ポルノDVD所持の疑いで書類送検(11/21)
「彼の作品にロリっ子は少ないが、児童ポルノDVD所持で逮捕されたのは事実」とか「単純所持の罰金は最高で100万円なので、彼にとっては微々たる金額にすぎないが、世論の圧力と作者のイメージはそう緩いものではない」とか、巴哈姆特もけっこう厳しめ。
第1位:宮崎駿が正式にカムバック! ジブリ公式サイトが「宮崎駿最後の長編作品」制作と発表(05/19)
関連ニュースには、冨樫義博の『HUNTER×HUNTER』34巻発売の記事が。どういうことかと思ったら、「『引退したいと思っていたけど、またやりたくなった!』『最近ようやく再開したけど、また休みたくなった!』 業界で最も信用できない2人と言われている、アニメの大家宮崎駿と漫画家の冨樫義博が2017年のニュースの1位に輝いた」っておい。高齢者の労働期間延長と、若者(か?)の労働時間削減、うんうん、どちらも昨今の社会情勢そのままですね。(ぼう

記事ではさらに、十大ニュースのほかに「国産」という項目を設けて、2017年に新たな一歩を踏み出した台湾国産アニメを取り上げています。記事にもあるように、過去に個人で制作されたショートフィルムが長編アニメとなった『幸福路上』、単発TVアニメから映画化され金馬奨では優秀長編アニメ部門にノミネートされた『小猫巴克里』など、2017年暮れから2018年頭にかけて劇場公開される作品ばかりなので、幸先いいスタートを切ってくれるといいですね。

中国ではACG分野での日本離れも加速しつつある昨今ですが、ご覧のランキングのとおり、巴哈姆特ではまだまだ日本びいきが続きそうな予感。とはいえおいらの予想はたいてい外れるのです。さて、2018年の十大ニュースはどんな顔ぶれになるんでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。